27年前のサヨナラ

人とのつながり

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

27年前のサヨナラ皆さんこんにちは。
日本ではお彼岸ですね。昨日は秋分の日でお墓参りに行かれた方も多かったのではないでしょうか。実は弟の命日が今日なので日本に居ればお墓参りに行っているんですが、出来ないのでいつも日本への出張がある11月に会いに行ってます。

弟は僕が13歳の時に生まれたのですが、心臓に病気を持っていました。生まれた病院(江東区)では心臓の手術ができなかったので、世田谷の小児科病院に移され手術を行いました。手術に大量の血液が必要で父は職場の同僚に声を掛け病院に来てもらい血を分けてもらいました。多くの人に助けて頂いたのですが、残念ながら弟はわずが7日間で天国へと旅立ってしまいました。

我が家にとってあの1週間はとても慌ただしい7日間で、出産の歓喜から、病気の告知、そして小児科病院への転院、そして手術、と毎日が急展開でした。常に弟に付き添っていた父は大変だったと思います。
僕は弟が生まれたと喜ぶのも束の間、病院から帰ってきた父から弟の病状を聞かされとてもショックでした。泣く所を見られたくなかったので、風呂場に行き浴槽に顔をうずめてひたすら泣きました。涙の雫が浴槽の底にポタポタと落ちる光景を今でも鮮明に覚えています。
ちょうど多感な年頃だった僕は弟が出来た「喜び」から家族を失う「悲しみ」を短期間で体験したせいか、その7日間の事は今でも忘れられません。

弟が亡くなった当時、我が家にはお墓がなく小児科病院の近くにあるお寺でお骨を預かってもらっていました。それから数年はこの時期になると家族で世田谷に出かけ弟に会いに行っていました。
弟が亡くなって10年近く経ったある年、抽選で都市霊園のお墓が当たり、弟はそこのお墓に入ることができました。

もうその頃には父も母も弟を亡くしてだいぶ月日が流れていたのと、やっとお骨をお墓に入れることが出来た達成感からかあまりお墓参りをしなくなってしまいました。これも自然な流れだと思います。

でもあの7日間の記憶が未だに鮮明に残っている僕は弟を忘れられず、働き始めてからも毎年秋の彼岸に弟に会いに行きました。

生活の基盤を台湾に移してからは日本に帰国した時には必ずお墓参りをするようにしています。今年も桜が咲く素晴らしい時期にお墓参りをすることができました。


弟の事を想う時いつも中島みゆきの「誕生」の歌詞を思い出します。
「Remember 生まれたこと Remember 出逢ったこと 
 Remember 一緒に生きてたこと そして覚えていること」

人は死んでしまえばこの世からいなくなってしまいますが、その人のことを覚えていれば心の中で共に生きることができます。弟は僕の心の中で僕と共に生きているのです。彼は今年で27歳になりました。


「忘れない言葉はだれでもひとつ たとえサヨナラでも 愛している意味」

27年前、弟と別れる時に言った「サヨナラ」。その言葉は時を経て「今でも覚えているよ。そして今でも愛しているよ。」という意味に昇華しました。


南国台湾でも最近は秋らしくなり、秋風に吹かれるとあの季節が来たのだと思い起こされます。弟が天国に旅立ち、そして僕の心の中で生き始めた季節が来たのだと。

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ