ワケありの65元牛肉麵「開開看牛肉麵:台中」

台中の美味しいもの

65元牛肉麵6

ワケありの65元牛肉麵「開開看牛肉麵:台中」今回紹介するのは地味な牛肉麺のお店。
普通牛肉麺は80〜100元くらいするのですが、その店は1杯65元で販売しているとか。一体どんな牛肉麺が食べられるのでしょうか?

文心路と崇德路の交差点近くにある小さい路地を入るとお店「開開看牛肉麵」が見えます。

店内は色んなモノがそのまま置いてあってあまり牛肉麺のお店に見えない。






メニューを見ると「蔥燒牛肉麵65元」って書いてある。
さっそく「蔥燒牛肉麵」を頼みました。


10分後に「蔥燒牛肉麵」が来ました。


麺は白い麺で歯ごたえは普通。


牛肉は柔らかく美味しい。


スープも普通の牛肉から作っているスープです。


牛肉麺だけではお腹がたまらないので「滷味」も頼んでしまった。
豆干・卵・内臓の「滷味」で100元。


内臓が美味しい。お酒が飲みたくなる。


この「滷味」に付いてくる”タレ”が美味しい。ニンニクをベースにしたタレをつけて食べるとさらに美味しい。


今回なぜこの店を紹介したのかと言うと、昨年この店はテレビや新聞でニュースになったからです。

「癡情牛肉麵 堅持賣65元」=「愛する人との約束を今も、牛肉麺1杯65元」
http://www.appledaily.com.tw/appledaily/article/headline/20130423/34970133/


記事を日本語に訳すと(僕なりの解釈で翻訳しています)
※このお店の店主黄さんは4年前台北で経営していた工場を畳み、その後台中に移り住み牛肉麺のお店を開きました。ある日,食材を買う時に行くお店で働く邵さんと出会います。二人はすぐに意気投合し、付き合い始めました。そして1年後結婚を決意します。(この時黄さんは56歳、邵さんは50歳)

しかし、結婚式の一ヶ月前邵さんは交通事故で亡くなってしまいます。黄さんは失意のどん底に落とされました。深い悲しみのあまり一度は邵さんの事を忘れてしまおうと思いましたが、そんな時彼女が言った言葉が頭をよぎりました。「お金持ちはいつでも美味しいものを食べることができるけど、普通の暮らしをしている人は高い食べ物はなかなか食べられないから、あなたは牛肉麺を65元で販売するべきよ」。

それから黄さんはお店を今の場所に移し、「蔥燒牛肉麵」を65元で販売しました。お店は小さいですが一日60〜80杯ほど売れるようになりました。この3年間で牛肉の価格が値上ってしまいましたが、黄さんは邵さんとの約束を守り、3年間は値段を上げませんでした。

記事は去年(2013年4月)の内容ですが、今回(2014年6月)行った時でも「蔥燒牛肉麵」は65元で売られていました。店主黄さんと邵さんとの約束は今も続いているようです。

65元という良心的な価格で販売されている牛肉麺。65元という値段の裏側にはこういうドラマがあったんですね。もし興味がある方、近くにお住まいの方は一度行ってみてはいかかでしょうか。


開開看牛肉麵
台中市文昌東六街121號
營業時間:11:00-14:00/17:30-20:00
週日店休

“台中市文昌東六街121號

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ