秋まつり

人とのつながり 台中生活情報

秋まつり昨日台中日本人学校で行われた「秋祭」にいってきました。
お祭り1
台湾ではなかなか味わえない日本文化を堪能してきました。
今回はインフルエンザのためバス運行を中止したのにも関わらずたくさんの人で賑わっていました。
毎年少しずつ人が多くなっているような気がします。
校庭の中央に立てられた舞台でみな盆踊りをしていました。
お祭り2
東京ではおなじみの東京音頭や炭坑節、ジンギスカンなどでみな楽しそうに踊っていました。
台湾の若い女の子もどこで買ってきたのか分かりませんけど、浴衣を着ていました。
でも一目見ただけで日本人と台湾人の違いが分かってしまうんですよね。
浴衣の着こなしや化粧の仕方などで。
今回改めて思ったのは台湾人って写真撮るの好きだなって思いました。
祭りの雰囲気を楽しむというより、写真を撮りに今日は来ましたと言わんばかりに撮ってましたね。
浴衣を着た小さい子供にみなカメラを向けて撮りまくってました。
ちょっとやりすぎと思ったのは僕だけではないはず。
あとは日本の知り合いの方にお会いできたのが嬉しかったですね。
普段はなかなかお会いできない人と色々お話ができて楽しかったです。
秋祭り恒例の抽選会は盛り上がってました。
抽選の品は今まで中科にある企業がスポンサーとして寄付ないしはお金を出していたらしいのですが、今年は不況でなかなか集まらなかったらしいですね。
ちなみに一等はニンテンドーDSとポケモンのセットでした。
抽選が終わるとすぐに夜空に花火が打ち上げられました。
やはり日本の夏は花火ですよね。
間近で見る花火は迫力がありました。
またナイアガラの花火も迫力があってきれいでした。
最後の花火が打ち上げられて終わると、これで楽しかったこの時間も終わってしまったんだなとなんだか寂しい気持ちになりました。
一年に一回しかない秋祭り。日本では夏に行われますが、なかなか日本に帰ることができない僕にとっては非常にありがたい行事ですね。
日本に帰りたいなと少し思いました。

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ