自転車台中ぶらり旅Vol.4:台湾中部の観光地「日月潭」を自転車でポタリングしてきた。

自転車日記

自転車台中ぶらり旅Vol.4:台湾中部の観光地「日月潭」を自転車でポタリングしてきた。
今回は台湾中部の観光地「日月潭」を自転車で一周してきました。

「日月潭」は台中市内から約70km離れたところにあります。以前台中市内に住んでいた頃はガムシャラに自転車に乗っていたので、台中から「日月潭」へ行き、湖を一周して台中に戻ってくるとだいだい約170kmくらい走っていたんですね。それだともう完走しただけで満足してしまうんです。「日月潭」に着いてもロクに景色を見ずにただひたすらペダルを漕いでいました。

しかし時は過ぎ・・・。現在は日々の運動量が格段に落ちてきて、以前のように100kmも走れなくなってきたので、今回は自転車を車に積んで「日月潭」だけを走ってきました。湖の周りは約30kmちょっとだけなので、カメラをぶら下げ、ゆっくり走ってきました。

朝8時に「向山旅客センター」から出発。


湖をゆっくり眺めるために時計回りで走る。(台湾は右側通行のため)




車道はせまく交通量が多いので、自転車道を走る。




ここは「日月潭」の撮影スポット。




地図を見て今日のルートを確認。


ホテルが密集しているエリアに入ってきた。観覧船が見える。釣りをしている人がいる。地元の方だろうか。




観光客はみなこのサイクリングロードを走っている。


湖に生える草花。




駐車場にはたくさんのバスが止まっている。みな中国からの観光客である。


日月潭の中心にある「水社旅客センター」。


ローカルな観光地に必ずある意味不明なキャラクター。


ホテルエリアを抜けて、サイクリングロードを進んでいくと・・・・。木々が地面から突き出ている!





通れません!


「文武廟」を通過。




ホテルエリアから離れれば離れるほど緑が多くなってくる。キャンプ地もちらほら出てきた。




「伊達邵」に到着。ここは原住民の邵族が住む地域だ。






せっかく民族的な場所なのにスタバがある。そりゃ原住民の方達もたまにはコーヒーを飲みたいですよね・・・。


湖から離れ山間部に入っていく。ここは「頭社」にあるアイスクリーム屋。






「檸檬椰果冰=レモンココナツアイス」を食す。なんと一本8元(約26円)




ヘチマの黄色い花がきれい。




やけにヘチマの畑が多いなあと思ったらヘチマのでっかいオブジェがあった。産地らしい。


「金針花」の花畑で疲れを癒やす。ここはまた後日レポートします。


最後の上り坂。かなりへばってきた。しかも雨が強くなってきた。


最後のサイクリングロードに到着。トンネルをくぐったら、車を止めている「向山旅客センター」が見えた!






GPSで今回のデータを確認。3時間20分で35.85km。




登りはトータルで466m。結構アップダウンがあったので最後はバテた。


今回はゆっくり時間をかけてペダルを漕いだ。できるだけ観光客のような視線でシャッターを切った。
この日は終始雨が降っていたけど、最後まで走れたので大満足。
今回訪れた「日月潭」は見どころがたくさんあって各地を訪れるだけでも楽しいが、自転車、釣り、ボート、登山、キャンプなど色々な愉しみ方がある。まだ来たことがない方は是非一度は遊びに来て欲しい所です。訪れた事がある方でも観光ではなく自然を楽しむ方法は沢山あるのでぜひお試しあれ!

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ