台湾で「農暦7月」にしてはいけないこととは?

台中生活情報

農暦7月4

台湾で「農暦7月」にしてはいけないこととは?みなさんこんにちは。
毎日暑い日が続いていますね。とくに台湾では湿度が高く不快指数が高くなってしまうので、体を冷やす必要があります。
そんな時は「水遊び」が一番です。

先日、彼女が保母の仕事で世話を見ている子供と一緒に遊びました。
水鉄砲で打ち合いをしたのですが、子供は容赦がないので大変でした。
始めて数分で全身が水びたしです。まあ子供が喜んでくれたのでよかったかな。






先日、友人からこんな画像が送られてきました。
これはどうやら台湾では農暦の7月は「鬼月」と呼ばれ、一ヶ月間あの世から霊が降りてくるので、あまりよくない霊が家に来ないように下記のことはしてはいけないですよと書いているのです。


それでは農暦7月にしてはいけないこととはどんなことなのでしょうか。
到底什麼事情在鬼月不能做呢?

1.夜に服を干してはいけない
これは霊がどうやら濡れたものに憑きやすいので洗濯は明るいうちにしましょうと言っているのです。

2.髪を整えずに寝てはいけない
髪のお手入れをしてから寝ましょう

3.夜に結婚式を挙げてはいけない
鬼月の期間中はしてはいけないという話もあります。

4.海や滝、川遊び等の遊びをしてはいけない。
水には霊がいると言われているからでしょう。

5.地面に落ちているお金や紅包(お金が入っている封筒)をむやみに拾ってはいけない。
お金にも霊がいるのでしょうか。

6.家の中でスリッパをきれいに並べてはいけない。
スリッパをきちんと並べることで霊を呼んでいると思われるらしいです。

7.「鬼」と何度も口にしてはいけない。
「鬼」と言うことで霊を呼んでいると思われるらしいです。なので皆さんこの時期はよく「鬼→好兄弟」と呼んでいますね。

8.夜更かしをしてはいけない
一般的に霊は夜に出ることからでしょう。

9.夜に写真を撮ってはいけない。
これも夜に霊が出ることから、むやみに写真を撮ってはいけないんでしょうね。

10.室内で傘を開いてはいけない。
これは霊が雨と一緒に傘に憑くかららしいです。

以上、農暦7月にしてはいけないこと10箇条でした。
これは道教による考え方のようで、日本のお盆と少し似ているようです。

上記以外にも
◯引っ越しをしてはいけない
◯不動産を購入してはいけない
◯新車を購入してはいけない
◯口笛を吹いてはいけない
など挙げればきりがないくらいあるのですが、どれも迷信の域を出ていないようです。

特に若い人は知っているけど、どれも守っていないようですから。真夏には多くの観光地で海水浴やプールで遊んでいる人たちがいます。

まあ昔から言われていることなので、頭の片隅に入れておくくらいで良いのではないでしょうか。「鬼月」の時期でなくても観光地や自然の多いところではトラブルが起きやすいので、お出かけの際はくれぐれも気をつけて外出をしてください。

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ