クリスマス

人とのつながり

クリスマス今年のクリスマスは一切予定がなかったのだが、蓋を開ければ連日夜中の2時過ぎまで酒を飲んでいた。
24日は仕事から帰ってきたら結構疲れていて家でゆっくりワインでも飲もうかと思っていたら、バーを経営している友人から電話をもらい、一人でイヴを過ごすくらいなら顔を出しなさいと言われ、それもそうだと思い10時過ぎに店に行きビールを飲んでいた。一人で30分くらいボーとしながら飲んでいたら、友人が気を利かせて彼女の友人を紹介してくれた。
彼らは4人グループで一組の夫婦と女性二人だった。色々話が盛り上がり2時間くらい話ができた。12時過ぎになると夫婦と一人の女性が帰り。残った女性と2時過ぎまで話をしていた。お酒を飲みながらのおしゃべりは楽しいものだ。その女性は霧峰に住んでいるというので、あまり遅い時間に女性一人で帰らすのも可哀相だと思い彼女の家までバイクで一緒に行き送ってから帰った。家に戻ったら時計が3時を回っていた。
25日は3日前に一緒に食事をした友人に誘われて飲みに行った。場所は前日飲んだ場所からすぐ近くのこれまたバーで賑やかな所だった。そのバーは以前来たことがあったので雰囲気などはわかっていた。毎日11時近くになるとバンドが演奏を始め会話が出来ないほどの音が店内を駆け巡る。
今回は僕の仲間で自転車チームの一番若い女性が誘ってくれた。店内に入ったら店の奥のテーブルに座っている女性達が彼女の友達だった。若い子達が6人。そんな中、年齢が一回り上のおじさんが入るのは申し訳ない。彼女らは見た感じ年齢はバラツキがありそうだが、共通しているのは遊び慣れている感じだった。みな着ている服が派手でうまく化粧をしていた。
店内は終始大きな音が響き渡り会話が出来ない状態なので、みんなでサイコロを使って負けたらお酒を少し飲むといった遊びをしていた。ウオッカを一本頼んでそれをジュースで割って何時間も飲んでいた。みんな意外とお酒が強い。さすが遊びなれている。
僕は久しぶりに飲むとすぐに酔ってしまうが、連日飲んでいると肝臓が慣れてしまいあまり酔わない。この日も遊びながら結構飲んでいた。結局店を出たのは2時過ぎ。外に出ると結構寒くすぐに酔いが醒めた。
若い子達と飲めただけでも儲けもんだ。誘ってくれた女性に感謝。
今回思ったのは家でゆっくりするのもいいけど、できるなら外に出て色んな人達と出会い、話したり遊んだりするほうが楽しい。
「一人上手」にはならなくてもいいのだ。人は周りの人に支えられ生かされ生きているのだから。それを心優しい友人たちから教えてもらった。最高のプレゼントだな。
クリスマス2
みんなが楽しいクリスマスと正月が過ごせますように。

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ