素敵なクリスマスコンサート:盲目の音楽家「呂貴文」

人とのつながり

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

素敵なクリスマスコンサート:盲目の音楽家「呂貴文」先週末家族で清水にある「港區藝術中心=芸術センター」に行って来ました。
ここの施設は良く出来ていて、館内に美術展ができるスペースや、別館で500人くらい収容できるコンサート会場もあります。

園内で散歩をするのも楽しい。


施設内に入るとバイオリンの音が聞こえてきました。
どうやら施設内のイベントブースで音楽会が行われているようです。


掲示板を見ると1人の盲目の方が演奏しているようですね。


驚きました目が見えないのにバイオリンが弾けるんですね。
見事に「きよしこの夜」を弾いています。

それから彼はフルートを持ち始めました。
司会の方が彼はフルートを半年程しか練習していないと言っていてさらに驚き。
押さえる穴が見えないのにたった半年でフルートを吹いてしまうなんて・・・。




フルートでクリスマスソングを3曲ほど演奏して、彼はさらにピアノを使って演奏し始めました。


ピアノの演奏を聞いて分かりました。彼はピアノをメインにいつも練習しているのだと。
見事な指さばきで演奏をしています。


この演奏会は芸術センターのフロアーで演奏しているので、周りに色んな人がいて携帯電話の着信音や子供の鳴き声などが入り乱れている環境で彼は集中して演奏しているのです。


全ての曲を終えると、司会の方から「リクエストをしてもらえれば演奏しますよ」という声。
3人の観客のリクエストを見事に演奏して、僕の彼女が僕のために「日本の曲はできるの?」と聞いたら、即興で「涙そうそう」を弾いてくれた!


僕は感動して最後に一緒に撮影してもらいました。


司会の方と話をしていて彼の経歴を聞かせてもらえたのでここで説明したいと思います。

彼の名前は「呂文貴」。1984年屏東県で生まれたパイワン族です。
生まれつき目が見えなく、知能の発達も遅かった文貴は7歳の時に台中大雅にある盲学校に入学。
入学当時は言葉を2,3種類しか話すことが出来ませんでした。

そんな文貴ですが、12歳になったある日、先生が文貴に電子ピアノを触らせたことで彼の才能が開花します。聞いた曲をすぐにピアノで弾いてしまったのです。どうやら彼は「絶対音感」を持っていたようです。文貴の才能を見出した先生はそれから彼に音楽を教え始めました。彼はピアノ以外の楽器にも興味を持ち、各楽器を使用して聞いたことがある曲を即興で演奏してしまったのです。

文貴は現在29歳ですが、知能は15歳くらいだそうです。
一緒に写真を撮ってもらっている時に彼とちょっと話をしたのですが、僕が日本人だと分かると「日本は雪が降っているの?」「僕は北海道に行ってみたいんだ」と話をしてました。

彼は音楽以外にも夢があって、コックさんになりたいと言います。なぜならコックさんになれば美味しい料理をみんなに食べてもらうことができるからだそうです。またコーヒーが好きな彼はコーヒーの淹れ方を勉強して、みんなに美味しいコーヒーを飲んでもらいたいと言っていました。

今度彼がいる盲学校で何かイベントがあれば、ウチの天使も連れて交流できれば良いなあと思いました。素晴らしい音楽の才能を持った彼との出会い。神様からのちょっと早いクリスマスプレゼントを頂きました。

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ