社員旅行に行ってきた

旅行に行ってきた

社員旅行に行ってきた先週末は社員旅行で北部に行ってきました。北部1泊2日は去年の澎湖2泊3日と比べるとボリュームダウンな内容だ。
社員旅行は毎月200元の福利委員会費から積み立てられている(給料から天引き)。なので正社員じゃないと全額払わなくては参加できない仕組みになっている。もし家族を連れて行きたい場合は家族一人ずつ支払わなければならない。
去年の澎湖は積み立て以外に別料金が発生したため、ブーイングが起こった。なので今年は必然とスケールダウンしてしまったのだ。
年々参加者が減少しているのも、会社の雰囲気を表しているような気がする・・・
今年のルートは、1日目は、台北県にある博物館を2つ周り、陶器で有名な鶯歌の街と博物館を観光。2日目は南庄老街をぶらり。それから苗栗にある国立公園を散歩。
どれも内容があまり無く、観光に来たのか、お土産を買いに来たのか分からないくらいでした。
僕は自由時間になる度に喫茶店を探して入り、ボーとしながらコーヒーを飲んでいました。
今回僕が参加した理由は宿泊するホテルの設備でプールがあるからでした。最近水泳中毒気味で、たまには違うプールで泳いでみたい、と思っていたので飛びついてしまいました。
夕方ホテルに着くとテンションが上がり、水着を持ってプールに。しかし土曜日の夜なので人だらけ・・・その日はあきらめて日曜日に早く起きて泳ぎに行くことに。会社の同僚達はまったくお酒を飲みません。なので一人でコンビ二に行きビールを買って飲んですぐ寝ました。
翌日6時に起床。すぐにプールに行きました。案の定誰もいません。やはり台湾人は夜に強く、朝に弱い。(ウソです)プールを満喫して、それからお風呂に入りました。久しぶりに湯船につかってリラックス。
朝食はビッフェ形式だったので、好きなものを選んで色々食べました。運動後なので食欲もあり、素晴らしい朝を過ごすことができました。
2日目もひたすら観光と買い物のループで夕方6時過ぎに家に到着。あれだけお土産屋を周ったのに買ったのはコーヒー屋で買ったコーヒー豆だけです。
みんな台中に着くと「やっと終わったか」というような顔つきをしていて、バスの中は疲労感で充満していました。旅行なのに仕事の延長のような感じが最後までありました。
天気もあいにくずっと雨で、傘が手放せない2日間でした。
旅はやはり自分でプランを立てて行くものだと思う。久しぶりの団体旅行、記憶に残っているのは買ったコーヒー豆から漂うコーヒーの香りだけとはなんとも皮肉な話だ。
旅行5
とある博物館の中庭
旅行4]
この時はまだ元気がありました
旅行3
自由時間になるとすぐに喫茶店を探してコーヒータイム
旅行2
そういえば農園みたいなところも行ったな・・・
旅行1
南庄のコーヒー屋。マスターが色んなコーヒーを出してくれて楽しかった。この旅一番楽しかった場所だったな。思わず豆を購入してしまった。

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ