日曜日のちょっとした中国語「日本の本が中国語(繁体字)に翻訳されるとどうなる?」Vol.7

翻訳本から学ぶ中国語

夢をかなえるゾウ

日曜日のちょっとした中国語「日本の本が中国語(繁体字)に翻訳されるとどうなる?」Vol.7毎週日曜日に投稿してますちょっとした中国語コーナーです。
今回も題材は「夢をかなえるゾウ=夢象成真」です。

前回の内容:会った人を笑わせる事。それはつまり「良い雰囲気」を作り出す事。良い雰囲気の中で仕事をすれば良いアイデアややる気が自然と出てくる。そして人に対して優しくなれる。でもそういう雰囲気を作れる人は限られている。だからまずは「嬉しい」、「楽しい」という気持ちを持って人と接する。そこから自然と笑いが生まれるはずだから。

レッスン7「夢をかなえるゾウ」“まっすぐ帰宅する”

●ある日主人公は仕事帰りに同僚に誘われ飲みに行きました。かなり飲んでしまって帰りがとても遅くなってしまい、翌日ガネーシャから小言を言われます。

フレーズ1
「あかんやん?あんなに遅うに酔うて帰ってきたら」
「自分、やらなあかんこといっぱいあるやろ」



「那麼晚喝酒回來,是不對的吧?」
「你做了一大堆不該做的事吧?」



那麼晚=こんなに遅く
喝酒=酒を飲む
回來=(家に)帰る
不對=間違っている
做了=〜した
一大堆=たくさん
不該做=してはいけないこと


※「你做了一大堆不該做的事吧?」この文章は直訳すると「自分やってはあかんこといっぱいやってしまったやろ」になります。本文と違いますね。これは日本語原文を中国語に翻訳する時に台湾人読者にわかりやすく違う角度で訳したからです。

●主人公は言い訳を始めます。これはサラリーマンの宿命なんですと。そこでガネーシャは主人公の考え方が根本的に間違っている事を諭します。

フレーズ2
「ええか?まず、誘われて行くっちゅうことやねんけど。これって、ようするに『反応』しとるちゅうことやろ。分かる?」
「世の中のほとんどの人間はなあ、『反応』して生きてんねや」


「世上大多數的人啊,是靠『下意識反應』而活。」


世上=世の中
大多數=大多数、ほとんど
靠=頼る、寄りかかる
下意識反應=無意識な習慣による反応
而=因果関係にある語句をつなぎ、原因や目的をつなぐ、ここでは「無意識な習慣に頼って→生きている」という風に前文から後文をつないでいます。
活=生きる


「そうや。自分から世の中に働きかけるんやのうて、自分の周囲に『反応』しとるだけなんや。親から言われて勉強して、みんなやるから受験して、みんなが就職するから就職して、上司から『これやっとけ』言われるからそれをやって、とにかく反応して、反応して、反応し続けて一生終えるんや。そんなんで、自分の人生手に入れられるわけないやんか。自分の人生手に入れとるやつらはな、全部自分で考えて計画立てて、その計画どおりになるように自分から世界に働きかけていくんや。分かるか」


「能夠擁有自己的人生的人啊,全部是靠自己思考,凝定計劃,再按照那些計劃,漸漸對世界造成影響的。」


能夠=できる
擁有=持つ
自己的人生=自分の人生
靠自己思考=自分の考えに頼る
凝定計劃=計画を立てる
按照=〜にそって
那些計劃=それらの計画
漸漸=少しずつ
對世界=世界に対して
造成影響=影響を作り出す


「もっと具体的に言おか。たとえばその日のうちに自分がやらなあかんことがあるとするやん。夢とか目標とか、そういうの中心に毎日の生活組み立ててったら、飲みの誘い断ってたかもしれへんやん。でも自分は『誘われたから』行ったんや。誘われた、という周囲からの働きかけに対して、流されたんや。そやろ?」

●ガネーシャは例として「スティーブン・キング」の話をします。

フレーズ3
「スティーブン・キングくん知っとる?」
「ま、あの子も最近ではなんかあったらすぐ『映画化』されよるまでに成長したんやけど、彼ね、小説家になる前は、学校の先生やってん」
「でも小説家になるために、学校から帰ってきたあととか、週末とか、ずっと小説書いとったんや。そうやって自分の時間を自分でコントロールして、今の地位築いてんねん。ワシは自分にそういうの見習って欲しいのよ」


「他就是這樣憑著自己的意志力,掌控自己的時間,才建立了今天的地位。」


憑著=頼る
自己的意志力=自分の意志
掌控=コントロールする
才(副詞)=特定の条件やある種の原因によって、そのような結果が生まれることを示す。
ここではスティーブン・キングが自分の時間をコントロールした原因で、今の地位を築くことができた結果を示している。
建立=築く


「会社終わったら自由やから遊んでええというわけやないねんで。むしろ逆やで。会社が終わったあとの自由な時間ちゅうのはな、自分がこれから成功していくために『自由に使える大切な時間』なんや。」


「下班後的自由時間,是為了讓自己今後成功,『能夠自由運用,最重要的時間』」


下班=仕事が終わる
為了=〜のために
讓自己成功=自分を成功させる
今後=これから
自由運用=自由に使う


「ええか、これからは仕事が終わったらまっすぐ帰宅せえ。そんで一番大事なことに使えや。分かったか?」


「你給我聽好了,以後下班後就直接回家,然後把時間用在最重要的事上頭。聽懂了沒?」


你給我聽好了=よく聞きなさい
以後=これから、以後
直接=直接
回家=帰宅
然後=そして
把=「〜を〜する」という文章で「〜を」の名詞の前に置く。ここでは「時間を」と書いてあるので時間の前に把を置いている。
聽懂了沒?=分かった?


●本当に耳が痛い事ばかりですね。でもガネーシャが言っていることは正しいと思います。僕はまだ「自由に使える大切な時間」をコントロールできていないと思います。もったいないですね。

今回は”而”や”把”など大変よく使われる表現が出てきました。参考書や辞書などを読んで理解しておくと良いと思います。単語の発音は下記のサイトで調べてください。
それでは良い週末を!週末快樂!

単語の発音を調べるならこのサイト。
書虫ピンインサービス

これまでのレッスン
レッスン6 “会った人を笑わせる”
レッスン5 “人が欲しがっているものを先取りする”
レッスン4 “食事を腹八分におさえる”
レッスン3 “募金する”
レッスン2 “靴をみがく”
レッスン1 プロローグ
夢をかなえるゾウ

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ