お江戸時代にタイムスリップ!「深川江戸資料館」

帰国日記

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お江戸時代にタイムスリップ!「深川江戸資料館」今回は僕の地元、東京都江東区にある「深川江戸資料館」を紹介します。

「清澄白河駅」(大江戸線・半蔵門線)から歩くといかにも下町らしい通りに出ました。








今の「深川」と昔の「深川」の地図を見比べてみると、地形はあまり変わっていないことが分かります。




「深川江戸資料館」に着きました。


絵を見て当時の生活がどんな様子だったかがわかります。




建物の奥に入るとそこには江戸の町並みがありました。気分はまさにタイムスリップ!


江戸の街はまだ夜も更けたばかり。


八百屋と米屋がありました。






ちょっと家にお邪魔してくつろいでみました。




小腹が空いてきたので、江戸の食べ物を探しに外に出てみる。
おいなりさん、天婦羅、茶屋なんでもある。








長屋がありました。昔の人は狭いながらも身を寄せ合いながら助けあって生活していました。
それに比べて、現在我々の生活はかなり向上しましたが、人と人の繋がりは薄くなっていくばかり・・・。






長屋には共同の便所や民衆の心の拠り所「お稲荷様」もありました。




その他に船着場や火の見櫓などがあり、江戸時代を楽しむことができます。




見事に江戸の町「深川」を再現していました。子供の頃あまり真面目に日本の歴史を勉強していなかったので、地元の歴史を理解していませんでしたが、こういう施設があると見て触れて体感できるので非常に分かり易いですね。入場料も400円とリーズナブルなので興味がある方はぜひ一度足を運んでみてください。あなたの知らない「江戸」を体験できますよ!

深川江戸資料館
入場料400円
東京都江東区白河1-3-28
03−3630−8625
開館時間:9:30−4:30
休館日:第2・4月曜日

“東京都江東区白河1−3−28

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ