小鳥の卵と燕の赤ちゃん

台中生活

小鳥の卵と燕の赤ちゃん以前我が家で飼っていた小鳥の「ゆーちゃん(メス)」。
現在はいつもお世話になっている黄さんの家で飼われてます。

その黄さんからこの間連絡をもらいました。
「ゆーちゃんが卵を産んだよ!」と。
僕はその知らせを聞いてびっくり!
 
黄さんの家ではゆーちゃんが一羽だけ飼われいるので受精はしてないはずです。
たぶん無精卵だと思います。
 
その日の午後に黄さんがその卵を持ってきてくれました。
小さくてとてもきれいな卵です。


大きさは50元玉と同じくらいです。本当に小さい。


今回の卵は残念ながら新しい生命が生まれませんでしたが、僕の家の玄関には新しい生命が誕生しました。
玄関の左上ですがツバメの巣があります。ここで新しいツバメの子達が生まれました。


写真で確認できたのが4羽です。大きい口を開けて親が持ってくる食料を待ってます。
ツバメの子の口が黄色だったなんて初めて知りました。


親ツバメが忙しそうに餌を運んでは子供たちの口の中に入れてます。
そんなやりとりをずっと見てたら、彼女と天使(彼女の娘)の日々のやりとりと同じだと思いました。
*我が家の天使は障害を持っていて、自分で食事ができないので母親が毎日天使に食事を与えています。そのやりとりとツバメの親子の様子が似ていたので。


人間でも鳥でも親がやることは同じですよね。
両親が外に出て汗水流して稼いだお金(食料)を子供たちに与えて、子供達はその食料を食べて大きくなる。
この子達が大きくなって相手を見つけてまた一から巣を作って子供を育てる。
みんな必死にこの世界で生きているんですね。


鳥の巣の下は彼らのフンやうまく育たなかった卵の残骸などで散らかってますが、これも何かの縁でしょう。
これから毎年この季節に彼らが帰ってくるのが楽しみです。
みんな元気に育って飛び立ってほしいです!

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ