台湾で救急医療(夜間・休日診療)を受けた時の流れ(必要な物・費用)

台中生活情報

台湾で救急医療(夜間・休日診療)を受けた時の流れ(必要な物・費用)先日急に熱が出てしまったので病院に行きました。
その日はたまたま日曜日だったので近所にある総合病院の休日診療を受けました。

日曜日の病院は割りと静かで、病院内には何人かの急患とそのご家族の方が付き添いで来ていました。
僕は持参した「健康保険証」と「居留証」を受付に提出しました。

診察を受ける前に「体温」と「血圧」を測ります。
病状を説明して、その内容をナースさんがカルテに記入してくれます。


そして椅子に座って待っていると名前を呼ばれて診察に向かいます。
医師から病状を聞かれ、微熱で咳や喉の腫れなどがないため、流行性ウイルスではないと診断されました。
それを聞いてホっとしました。あとはかぜ薬を処方して頂いて終了です。

カウンターで今回の治療費を支払います。
金額は550元でした。薬代込です。
もし平日で普通の時間帯で診療を受けていたら100元で済んでいたので、やはり休日診療は割高です。




数年前、台湾の会社に入社したばかりの頃、まだ健康保険証を持っていなかった時に怪我をしてしまった事があります。
親指の下部を切ってしまって出血が止まらなかったのです。急いで友達に電話して、夜間の緊急医療を受けました。
治療は2~3針縫っただけだったので大したことなかったのですが、保険を持ってなかったので治療費がとても高かった。
3000元以上取られました。
幸い会社で健康保険を申請中だったので、保険証を手にしてから病院に行って「払い戻し」をしてもらいました。幸運だったと思います。

海外生活では健康保険証は必須です。台湾の治療費は他国に比べてとても安いので必ず持っていたほうが良いです。
たまに留学生で保険証を持ってない方がいますけど、そういう人に限って事故に遭って何万元も払ったという話を聞きます。
交通事情や気候など日本と違った環境では何が起きるか分かりません。「備えあれば憂いなし」。自分の身を守るのはあなたご自身ですよ!

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ