台湾で「外国人」として生活すること

台中生活

辞書1

台湾で「外国人」として生活すること台灣に来て約8年半になる。
僕の中国語は相変わらず進歩していなく、当ブログで書いた文章(中国語)を色々な方に訂正して頂いている。

僕が中国語の勉強を始めたのは10年以上前で、当時は地元(東京江東区)の文化センターで週1回の授業を受けていた。先生は天津出身で「反り舌」がすごかった。ピンインで言うと「r」「zh」「ch」「sh」の音がとても特殊でなかなか音として声に出せなかった。NHKラジオの中国語口座の先生より発音がすごかったのを覚えている。

早くマスターしたかったので毎日教科書を繰り返し声に出して読んだ。実家が狭い団地だったので母や妹からうるさいからあまり発音練習をしないで欲しいと言われ、団地内の階段に座ってボソボソと声を出して練習していたのだ。毎回授業の始めにその日勉強する内容を暗記して先生や生徒さん達の前で音読をするのが習慣になっていた。

その授業態度が認められて、先生から台灣に住む弟さんを紹介してもらい僕の台灣生活が始まったのだ。

それから台中の大学で1年半勉強して、お金が無くなったので現地で仕事を探して勤め始めた。就職先の台灣のローカル企業では僕が唯一の外国人だったせいか、あまり「外国人」として見られず、言葉のやりとりや電話の受け答えでとても苦労したのを覚えている。日々がサバイバルで皆が話す言葉に常に気をつけていないと自分1人がいつも置いてけぼりをくらう羽目になるのだ。

例1:お金が無かったので会社の寮に住んでいたのだが、寮に住む同僚から「もっと早く話して欲しい」とか「君と話をしていると疲れるよ」とか言われた。

例2:会社内でイベントがある時などは僕だけが当日になって、ようやくその事を知るという事が多々あった。

ようするに僕の中国語レベルが「普通に話をする」事と「皆が何について話をしている」かを理解するまでに至っていなかったためである。

この台灣のローカル会社には3年半いたのだが、会社という場所が自分の中国語能力とコミニュケーション能力を鍛える場所になっていたのは間違いない。皆が「日本人」と「日本の文化・習慣」を知らないということがどれだけ負担になるかを身をもって知ることになった。

今でもたまに僕と話をするのを避ける人がいる。つまり「外国人」が苦手な人である。
日本人が話す中国語はクセがあり、聞きづらいと思う人がいるからだ。とくに年配の方で外国人と接点がまったくない方でそういう人がいる。

言葉というのは人と人を繋ぐツールである。そのツールを常に磨いて、いつでも使えるようにしなくてはいけない。まだまだ勉強しなくてはと思う今日このごろである。

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ