歴史マンガといえば「横山光輝」!お気に入り漫画ベスト5

僕が買ったもの

歴史マンガといえば「横山光輝」!お気に入り漫画ベスト5先日久しぶりに自室にある荷物を整理しました。
日本から持ち込んだダンボールの中から漫画のコレクションが出てきました。

僕は歴史漫画が大好きです。学生の頃から読み集めていて、特に「三国志」、「項羽と劉邦」は何度も読みました。
その流れでバックパッカーになって、まず初めに行った国は中国になりました。

歴史の縁がある”西安”。三国志の舞台になった”蜀”=”成都”に実際に行って古跡を見て回りました。
そんな旅をしている内に中国語に興味を持って、台湾で勉強して今に至るわけです。

今の台湾生活のきっかけを作ってくれた漫画。特に歴史漫画の大御所である「横山光輝」の漫画が大好きで今でも読んでいます。
その「横山光輝」の漫画ベスト5をご紹介したいと思います。


第5位は「異本太閤記」。豊臣秀吉を主人公にした歴史漫画です。
農民から出世して関白まで登り詰めた秀吉の一生を物語にしています。秀吉は今までたくさんの書籍・ドラマが出ているのでご存知の方も多いのでは。
この「異本太閤記」は幼少期から始まり、織田信長と出会い、優れた部下達(蜂須賀小六・竹中半兵衛・黒田官兵衛)と共に快進撃を続けていくストーリー。

2巻信長との出会い
織田信長の部下になり出世街道を駆け上がっていく


5巻竹中軍略
竹中半兵衛と出会い、美濃を攻略


7巻北ノ庄落城
柴田勝家を破り日本統一へ




第4位は「項羽と劉邦」です。中国歴史モノとしては「三国志」に次ぐ人気があるのでは。
漢王朝を築いた劉邦を主人公にした歴史スペクタクル作品です。戦乱の時代に二人の英雄(劉邦・項羽)が激しく対立するストーリー。主人公劉邦以外にもたくさんの魅力ある武将・軍師が出てくるので最初から最後まで手に汗握る内容です。

6巻鴻門之会
劉邦がまな板の鯉状態ですが、優秀な部下達の計らいで危機を乗り越えます。


9巻大元帥誕生
大元帥「韓信」がついに誕生



21巻四面楚歌
物語はクライマックスへ。最後項羽の妻「虞美人」が自ら命を絶ちます。




第3位は「三国志」です。全巻60巻にも及ぶ超大作です。読みきるまでかなりの日数が必要ですが、その価値がある作品だと思います。
劉邦が築き上げた漢王朝も終わりを迎え、再び戦国時代へと突入する時代に劉備・曹操・孫権が国を挙げてお互いに対立していくストーリー。
物語の前半は漢王朝の血筋を継承する”劉備”を主人公に進んでいきます。中盤からはその劉備の意志を継いだ”諸葛亮孔明”を中心に進んでいきます。漢達の熱いストーリーが繰り広げられていきます。

1巻桃園の誓い
劉備、関羽、張飛が兄弟の誓い。


21巻三顧の礼
諸葛亮孔明を軍師に招くために三度家に訪れた名シーン。


59巻秋風五丈原
孔明の宿星が落ち、蜀の最後の砦が崩れ落ちました。




第2位は「史記」です。これは前漢時代に編集された中国の歴史書を漫画にしたものです。歴史書がベースなのでかなり長い年月をかけた話になっています。
色んな時代を書き上げているので、「史記」の中にはたくさんの”故事成語”が出てきます。「臥薪嘗胆」・「管鮑の交わり」・「四面楚歌」など有名な成語が出てくるので歴史の勉強と兼ねて成語も覚えることができます。内容的には大人向けとなってます。

1巻司馬遷
極刑になっても「史記」を書き続けた司馬遷


2巻臥薪嘗胆
復讐のために全てを受け入れて我慢した




3巻孫子の兵法
孫臏がまとめた「孫子の兵法」は今でも読まれている名書



第1位は「徳川家康」です。僕が持っているのは文庫版ですが、一冊どれも500ページを超えるこちらも大作になっています。
生まれながらに人質になった「竹千代」こと「家康」が戦国時代を切り抜け、江戸幕府を作るまでを描いた傑作です。戦国時代を生き抜いた家康の考え方や知恵は現代を生きる我々にも為になる内容ばかり。歴史モノですがビジネスにも通用する稀代の英雄「徳川家康」が堂々の第一位です。

人質生活:
織田家、今川家と渡り歩いた幼少期


大将とは:
真のリーダーとは部下を畏れさせて、好きにさせる。だから人一倍の努力を続けよ。次期将軍の長松丸に説いています。




晩年でも指揮を取った
老いても戦上手を発揮した



今ではスマホやタブレットで色んな漫画が読める時代ですが、やはり紙の漫画ならではの雰囲気が僕は大好きです。
上記に挙げた以外にも「武田信玄」、「織田信長」などのコレクションもあるのですが、やはり何回も読み返す上記の作品がエントリーされました。
学生時代から集めたコレクションこれからも大事に読み続けていきたいと思ってます。

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ