保母さんセンターの季節報に記事を投稿した話

人とのつながり

我和天使

保母さんセンターの季節報に記事を投稿した話この間いつも天使の世話をしてくれている保母さんから、文章(中国語)を書いてほしいと言われました。なんでも沙鹿地区の保母さんを管理している大学が季節ごとに発行している「季節報」の記事で自分の文章を載せることになったのだそうだ。




だったら自分で文章を書けばよいのでは?なんで外人である僕に頼むのだろうか?と考えてしまいましたが、その保母さんが言うには自分は小学校しか出ていないから、文章をうまく書けないのだそうだ。毎回このブログで僕の文章(中国語)を読んでいて、ぜひ私の代わりに書いてほしいと言われたので引き受けることにしました。

僕は保母さんのお宅に行き、彼女に今回文章にしたい内容を語ってもらい、僕はそれを聞きながら文章を書いていきました。まずは日本語で文章を作成していき、日本語の原稿を中国語に翻訳していきます。ここでは日本語の原文を記載します。


「私と天使」
私が初めて天使(陳梓宜)に会ったのは、この子の母親が経営している店の店内だった。その時天使はベットの上でバタバタ体を動かしていた。小さい子供の面倒をみたことは今まであったけど、こういう障碍を持った子に接するのは初めてだ。
天使の母親と話し合い、この子の面倒を見ることを引き受けた。この子の母親が海外に旅行に行くため、今回1週間ほど面倒を見ることになった。最初はどうやって世話をすればいいのかとても悩んだ。

一日目、天使を家に連れて帰り世話をした。天使は自分で食べることができないため、食事を食べさせなくてはならない。野菜や肉を細かくカットして、スプーンですくって天使の口に運んだ。私は初めての経験だったので、正直ハラハラしながら食事を与えた。
夜になり、天使をベットに運んで寝かせたが、寝てくれない。相変わらずベットの上で体をバタバタさせている。やはり普通の子供とは全然違うのだ。

一番大変だったのは3日目。天使は急に発作を起こした。体が硬直して痙攣を起こしている。母親から発作の事は言われていたが、急に起きたのでとても驚いた。正直どう対処すれば良いのか分からなかった。ただ母親から渡された薬を飲ませて、様子を見た。しばらくして天使は少しずつ安静を取り戻した。今でもこの子が発作を起こしている様子を思い出しただけで心が苦しくなる。

天使は普段学校に通っている。私は朝になると天使を車で学校まで送った。障碍を持った子供達の学校に行くのは初めてだった。たまたま学校で催事があって私も参加した。天使達(障碍を持った子供達)と一緒に時を過ごした後、この子達への見方が確実に変わっていくのが自分でも分かった。以後私は時間があれば天使達の学校に行って積極的にこの子達と接するようにしている。

私が自宅で天使の世話を見ている時に一番有り難かったのは私の家族が積極的にサポートしてくれたことだ。私の息子や娘は初めて障碍を持った子供を見て驚いたと思うが、世話を一緒にやってくれた。この事が私を精神的に楽にしてくれた。

天使の世話をしている時にこんな事があった。親友が私の自宅に訪れた時だ。彼女は私が天使を世話している様子を見てこう言ったのだ「この子の世話をする時は手袋をしたほうがいいわよ」「この子の母親はもう帰ってこないんじゃないの。きっとあなたにこの子を押し付けて戻って来ないわよ」。
また天使を車椅子に載せて散歩に出かけた時に、道ですれ違った人達の目線が冷たいのが分かった。なぜみんなこの子の事をそんな目で見るのだろうか私は不思議だった。
私はこう思う。自分の子供や孫に与える愛情をこういう子供達にも分け与えても良いではないか。この子達だって愛情を受ける資格はあるのだから。

この子は本当に不思議な子だと思う。家に来てすぐに我が家の人気者になってしまった。娘たちもこの子を気に入ってくれて一緒にお風呂に入って頭や体を洗ってくれた。義父もこの子が気に入り、この子の側で一緒に座るようになった。そうなのだ私の家族はみなこの子の事を大好きになっていたのだ。

万能の人間がいないように、全てを失った人間もいないのだ。この子は話すこと、歩くこと、食べることができないが、いろんな人を引き付ける不思議なチカラをもっているのだ。私とこの子が出会ったのは「縁」があったから。大きな「愛」という名の縁で私達は繋がったのだ。

あなたにももしかしたら私が体験したような素敵な「縁」があるかもしれない。ちょっとした勇気と愛情があれば、きっとあなたにも素敵な出会いがあるはず。

今台湾では保母の資格を持っている人がたくさんいるけど、障碍を持った子の世話をする人は少ない。この「季節報」の記事は障碍や問題を持った子達とのふれあいをテーマにしている。なので最後の一文はそういう子供達とまだ関わったことがない保母さんに向けて送った言葉である。

他の保母さんが書いた記事も掲載されていて読みましたが、結構ヘビーな内容で台湾の保母さんは大変だと思いました。子供に障碍があっても幸せに暮らしている家庭もあれば、子供が正常でも不幸せな家庭があるということ。
保母さんが切実に綴った文章読み応えがありました。また機会があれば文章を綴ってみたいと思います。

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ