iBike(レンタサイクル)に乗ってみた

台中生活

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

iBike(レンタサイクル)に乗ってみたみなさんこんにちは。
最近台中市内でオレンジ色の自転車に乗っている人をよく見かけるようになりました。このオレンジ色の自転車は台中市が提供する「iBike」という自転車で低料金で自転車を利用できるそうです。台中市内はいつも車やバイクが多く空気が良くないので自転車に乗る人がこれから増えて環境が改善されれば嬉しいですね。




今回は台中市が提供する「iBike」に乗ってきました。
「iBike」は低料金で使用できるということで料金を調べてみました。
30分以内なら「無料」
4時間以内で30分ごとに「10元」
4時間以上8時間以内で30分ごとに「20元」
8時間以上の使用で30分ごとに「40元」

自転車を盗まれることを考慮してか長く乗れば乗るほど割高になってしまうシステム。
ならば「無料で台中市内を一周」できるか試してみました。

逢甲大學に来ました。




「iBike」は悠遊卡というプリペイドカードを使用して精算するため、悠遊卡を使用して会員登録をする必要があります。




身元を確認するために「電話番号」を聞かれ、その番号にパスワードをショートメールで送ってくるので「携帯電話」が必要です。




登録して5分くらいすると自転車を借りることができます。


「iBike」は三段変速が出来ます。カゴがついているので買い物にも便利ですね。






どこかに停めておきたい時はカゴの中にあるワイヤーを引き出して電柱などにかけてロックすることができます。前輪上部右側にワイヤーの先端を押し込むと左側の鍵が抜ける仕組みになっています。






中正公園まで来ました。中國醫藥學院が近くにあります。
ここで乗り換えようとしたら、悠遊卡(プリペイド)が反応しません。どうやら「iBike」は続けて使用できない仕様になっているみたいです。説明書を読むと自転車を返した駅でまた借りる場合は「15分」借りることができないそうです。
仕方がないので昼食を摂って再開することに。




中友百貨,一中街を通過して台中公園に到着。








15分待つのがもったいないので台中市政府まで歩いて再開。


台中市文化センター、台中美術館を通過。




大墩路「萬壽棒球場(野球場)」を通過。




公益路のスタバの前にも駅がある。


三越で自転車を返して、朝馬にある秋紅谷廣場でまで歩いてまた再開。
三越前はBRT(高速バス)駅の近くなので併用して使うことも可能。(両方とも悠遊卡が必要)






午後4時ごろに逢甲大學に到着。逢甲大學の使用率が高いらしく1台も残ってなかった。


なんとか30分以内の利用を続けて無料で台中一周をすることができました。思ったより疲れた。


今回「iBike」を使用した感想をまとめてみると
メリット
◯乗り捨てができる
◯30分以内の利用ならば無料

デメリット
◯市内はバイクや車が多いので危険で空気が悪い。
◯続けて利用することができない。15分待つ必要がある。
◯台中をよく知らない人はどこに「iBike」駅があるのか分かりにくい。
◯利用客が多い駅は自転車が1台も無いこともある。(随時補充しています)
◯悠遊卡(プリペイド)と携帯電話が必要




こう書いてみると不満が多く見えますが、まだ始めたばかりのサービスなので多少問題があるのは仕方がないですね。それでも手軽に自転車に乗れるのはやはり便利です。今回若い人や家族連れが利用しているのを何度も見ました。これから利用する人が増えて、台中の環境が良くなればいいなと思いました。
みなさんもぜひ一度利用してみてください。

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ