自分でできる「iPhone4S」の電池交換

iPhone,iPadのある生活

iPhone28

自分でできる「iPhone4S」の電池交換去年中古で購入した「iPhone4S(au版)」ですが、電池持ちが悪くなってきました。
2011年の秋に発売されたので、2年以上も使われてきたので電池劣化も仕方がない。

iPhoneはAndroidスマホと違ってバッテリーを取り外せません。不便ですよね。


もし日本で電池交換すると・・・
アップルストアで電池交換すると7800円(iPadは10800円)かかります。高額ですね。

そこでAmazonでこんなキットを購入しました。1470円なり。


新しいバッテリーも裏についています。


開けたらこんなにたくさん工具が入ってました。


それでは作業開始!
まずは電源を切ります。




電源が切れたら、充電口付近にあるネジを外します。




ネジが取れました。


iPhoneの蓋を上にスライドします。




中身が見えました。


バッテリー接続部にあるネジを取ります。






付属のヘラで接続部を外します。




接続部が外れたら、バッテリーをヘラを使って外します。




取れました!




新しいバッテリーの接続部を本体にはめます。




バッテリーも元にあった場所に入れます。


うまくはまったら、先ほど外したネジを締めます。


蓋を戻して先ほど外したネジを締めます。


交換終了!使用した工具は右の3種類だけでした。


思ったより簡単にできました。交換後はやはり電池持ちが良くなりました。まるで新しいiPhoneを購入したような感じがして良いですね。上記のキットは現在(2014/2/11)もっと安くなっています。やはりiPhone4Sを使用している人が減ってきているのでしょう。

iPhone4Sは今年のアップデート(iOS8)も多分できると思います。高額で多機能なiPhoneなのでできるだけ長く使いたいと思います。

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ