無料で日本の電話番号(050番号)が持てる!FUSION IP-Phone SMART+Acrobits Softphoneが便利!

iPhone,iPadのある生活

無料で日本の電話番号(050番号)が持てる!FUSION IP-Phone SMART+Acrobits Softphoneが便利!台湾に住み始めてもうすぐ8年になります。来た当時は結構日本に国際電話をしていました。
携帯電話から国際電話した場合の電話料金が怖くて、いつもコンビニで販売している「国際電話カード」を購入して公衆電話からかけていました。たしか1枚250元くらいで20分くらい話せたと思います。

それから数年後、台湾の「Skype」の申請をして「Skype Out」を使用して日本に電話するようになりました。当時まだ学生だったので日本のクレジットカードを使いたくありませんでした。
台湾の「Skype 」申請は現地の方が持っている身分證番号が必要で外国人が所有している居留証番号では申請できず、必要な書類を全部スキャンしてメールで送ってなんとか使用できるようになりました。今では全家(FamilyMart)でポイントを購入して「Skype OUT」を使ってます。


多くの方はここで、「なんでそんな苦労して電話かけなきゃいけないの?」って思うでしょう。今はパソコンやスマホがあればいつでも自由に通話アプリ(Skype、LINE)で連絡が取れる時代です。

しかし僕の実家は両親しかおらず、パソコンも無ければネットもない状態です。妹もパソコンやネットに疎い方なので今でも”電話で直接連絡”が大沼家では常識なのです。

実家に電話するなら「Skype Out」で十分なのですが、携帯電話にかけるとまず繋がりません!それは「Skype Out」が非通知電話になるからです。日本のケータイはガードが硬いので非通知だと届かないことが多いんですね。

そこで今回は「IP電話サービス」を使って「050番号」を取得してみました。しかも無料です。
IP電話サービスは色々とあるのですが、あまりお金をかけたくないので”無料”で”050番号”が取得できるサービスを探しました。
それはフュージョンコミュニケーションズが提供している「FUSION IP-Phone SMART」です。
月額基本料が無料で通話料金が30秒で8.4円。留守電もあります。



ネット上で新規申込みをします。


アカウント情報で名前・住所・クレジットカード情報を入れます。


仮登録メールが来るので、メール上から確認が取れれば無事アカウントが取れます。
電話番号が取れました。050-◯◯◯◯◯◯◯◯です。


この「FUSION IP-Phone SMART」はアプリを持っていないので自分で「SIPアプリ」を調達しなければなりません。
「SIPアプリ」とはIPネットワーク上で音声やデータの通信を行うアプリの事を言います。
僕は今回色んな方が使用している「Acrobits Softphone」を購入しました。600円です。


「Acrobits Softphone」をダウンロードしてiPhone上で起動しました。
左上の電話のマークが赤いです。これは電話が繋がっていない状態です。


接続していきましょう。
まずは「一般的なSIPアカウント」を選びます。


ここで各項目を入れていきます。
タイトル:Fusion
ユーザ名:050番号の050から下8桁を入力
パスワード:SIPパスワード(ログインページに表示)
ドメイン:SIPドメイン(ログインページに表示)


SIPアカウントに「Fusion」が表示されました。


先ほどの電話画面の左上が緑色になってます。成功!


それでは僕の台湾の携帯にかけてみます。


左側の台湾の携帯に電話が反応しています。電話番号は日本の国番号(81)があるので日本からかかって来たことになってます。
日本のサービスなので日本の電話番号ということですね。


今度は逆に台湾の携帯からiPhone(050番号)にかけてみました。
「Acrobits Softphone」が反応してバイブが1回ぷるっと動きました。そしてプッシュ通知で相手先の番号が表示されました。
このプッシュ通知はこのアプリを起動していなくても表示されるので便利です。


これで日本の電話番号が取得出来ました。

まとめ

それではこの「FUSION IP-Phone SMART」のメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット

• 月額基本料無料で050番号が手に入る(050番号一つにつきクレジットカード1枚が必要)
• 日本国内通話が1分間16.8円で通話できる。(固定・携帯電話問わず)
• 国際電話(32カ国)が1分間16円で通話できる。(例:日本↔台湾)
• 留守電が使える。
• 着信があると登録したメールアドレスにお知らせのメールが来る

デメリット

• 110,119,117や0120のフリーダイアルは使えない
• 050番号は選べない
• 専用アプリがないので自分でSIPアプリを選ばなければならない。

結論:「使い分けがベスト」
今回日本滞在中に使用する電話として上記のサービスを登録しました。
もちろん日本滞在中でもオンラインが必要になってきますが、個人の電話番号を持てるのは魅力的です。

金額的にいつも利用している「Skype Out」と比べてみると
日本の固定電話に通話(台湾→日本)=1分間/0.916元(3.15円)2013.5/19レート
日本の携帯電話に通話(台湾→日本)=1分間/4.98元(17.12円)2013.5/19レート

なので固定電話にかけるなら「Skype Out」、携帯電話にかけるなら「FUSION IP-Phone SMART」が良さそうです。

今回利用した「IP電話」や「050番号」はこれからも新しいサービスが出てくると思いますので、使用したい場合は色々とご自分に合ったサービスを探された方が良いと思います。これで日本と台湾で携帯電話を使い分けができるようになりました。この方が電話相手も国際電話を使う必要が無いので良いと思います。7月に日本に帰るのでその時に「050番号」を使ってみようと思います。

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ