台湾での「日本映画」の立場

台中生活

映画

台湾での「日本映画」の立場先週久しぶりに彼女(台湾人)と二人で映画を見てきました。
現在、僕の中国語のレベルでは映画の中国語字幕は読み取れず、映画を見るなら邦画に限られてしまいます。

中国語字幕が読み取れない理由
●字幕のスピードが早い
●口語的な表現やスラングが分からない(教科書や辞書に載っていない)

以前あまり字幕が必要でないアクション洋画を見に行ったのですが、それでも字幕を読むことに集中してしまって、肝心の映画を楽しめませんでした。

そんな僕の苦悩も分からずに彼女は
「いつになったら(二人で)洋画を見に行けるの?」
って言われてしまう始末。
「はい・・・もっと勉強します。」しか言えない。

僕の中国語力はともかく、今回映画を見に行って改めて感じたのは台湾人は洋画が大好き。どこの映画館でも洋画、特にハリウッド映画の人気がすごい。

今回僕達が見に行ったのは湊かなえの「白雪公主殺人事件=白ゆき姫殺人事件」だったのですが、ガラガラでした。まだ上映されて二日目ですよ。※上映時間ギリギリ前でチケットを購入したのですが、楽勝で真ん中の席に座れました。席は3分の1しか埋まってなかった。※台湾では7月18日から上映。
ちなみに現在上映されている「トランスフォーマー4」は行列ができてました。

久しぶりのミステリー映画だったので集中して映画を見ていたのですが、彼女は物語の内容が面白くないらしく、上映中しきりに僕に質問してきました。
●「繭居族」の意味は何? 答え=ひきこもり
●なんで日本のワイドショーはこんなにつまらないの?(男性主人公がワイドショーの製作をしていた)
●日本人はなんでこんなにネット(ツイッター)が大好きなの?(映画の中で主人公達がネットやツイッターをよく使用している)

上映中、他の観客の人達もあまり映画の内容に集中しているようには見えなかった。やはり日本の映画は派手なアクションが多いハリウッド映画より受けが良くないようだ。

そのせいか台湾ではあまり日本の映画は上映されない。ジブリ作品のような大作はもちろん上映されるが、大作以外の作品は台湾には来ない。もちろん「単館映画」なんて話題にもならない。台湾ではニッチな内容より大衆的な内容が好まれるようだ。

映画好きな彼女は今週友達と一緒に※「猿の惑星:新世紀」を見に行くそうだ。洋画を見れない僕は家で地味な邦画(ダビングした)でも楽しむとしようか。
※日本では9月19日から上映

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ