小学校からの親友に捧ぐ結婚おめでとう!

人とのつながり 帰国日記

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小学校からの親友に捧ぐ結婚おめでとう!友達の結婚式に参加するために8年ぶりに夏に帰って来ました。いつも出張(11月)と旧正月(1〜2月)しか帰れないから。
東京の夏は台中とあまり変わらず暑いです。

七夕、7月7日の午後、僕は池袋を歩いていました。
久しぶりに着たスーツが暑くて、上着を脱いで式場まで行きました。

見てすぐに式場と分かる外観


女性はこういうドレスを見て憧れるのだろうなあ。


今回僕(右)と高校時代の友人(左)で受付を担当。


七夕ということで親族の方に短冊に願い事を書いてもらってます。


子供はこういうイベント大好きですよね。


新郎登場。父親と打ち合わせ。


スーツが妙に似合っている新郎。小学一年生からの付き合いなのだ。


親族専用の部屋で写真撮影。嫁さん若いなあ。


似顔絵は・・・ノーコメント。


大きい待ち合わせ室に移動して、受付開始。


ご友人の方達にも短冊を書いてもらった。やはりイベントはみんなでしないとね。


ご祝儀を回収?して、セレモニーに参加。


教会をイメージした空間になっている。とても高級感がある。


新郎が登場。ちょっと緊張している。


花嫁がお父さんと一緒に登場。


神父様に愛を誓い、指輪の交換。


中庭に出て新郎新婦が何かを空中に撃ち上げた!


お人形がパラシュートで降りてきた!


披露宴入り口に新郎新婦の和装写真がある。やはり日本人は和装だよね。


披露宴中にスクリーンで二人の馴れ初めを紹介している。凝っているなあ。


式までのこういう準備が楽しいんだろうなあ。きっと・・・。


特大チョコレートケーキをカット。このチョコレートケーキが美味しかった。


新郎母ちゃん登場。お母さんとても嬉しそう。


食事が美味しかった。西洋コースぽいけど和食なんですよ。


新郎新婦お色直し。女性は鮮やかなドレスを着れるから良いけど、男性はずっとスーツだもんな。やはり結婚式は花嫁のためにあるのかな。


式の中で新郎新婦の友人達が歌や手紙などで式を盛り上げていた。手紙の朗読が泣かせる。




最後は新郎新婦が両親に感謝の気持ちを伝える。


新郎の父さんが締めのスピーチ。緊張してましたね。


最後に新郎が本当の締めのスピーチ。最後はカミカミでした。ここまで二人共良くやったと思う。立派。


最後はエンドロールが流れて、参加した一人一人に感謝のコメントが流れていました。ここまでやるか!というような見事な演出。


受付の写真がエンドロールに入っていた。仕事が早い。


僕向けのコメントがありました。ちゃんと受け取ったよ!


本当に良い結婚式でした。台湾から駆けつけた甲斐がありました。二人共末永くお幸せに!


久しぶりに結婚式に参加しました。二次会の時にこっそりと、今回の費用はいくらかかったか聞いちゃいました。
値段を聞いてびっくりしました。台湾ではありえない額でした。台中だったら古いアパートが一室買える値段でした。
一生に一度の結婚式。それくらい出して当然なのでしょうか。まあ二人が幸せだったら良いよね。
30年来の友よ、お幸せに!

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ