海外移住者には欠かせない電子書籍サービス「Kindle」

iPhone,iPadのある生活 僕が買ったもの

大人買い4

海外移住者には欠かせない電子書籍サービス「Kindle」先日10月1日に「オールカドカワ フェア」が行われました。
これはカドカワグループ9社が合併した10月1日を記念して、カドカワで販売している1万タイトル以上の電子書籍・電子コミックが全て半額というとてつもないイベントがありました。


どんなタイトルがあるのだろうかと調べてみたら、デザイン系(Photoshop等)の教科書から始まり、重松清・池上彰・伊坂幸太郎など有名作家の書籍がありました。


僕はもっぱら面白そうなビジネス書やスポーツ関連の書籍を買い漁ってしまった。結局購入した本は全部で21冊。合計金額9982円でした。もし台湾にある書店で買ったら、この3倍くらいはかかっていたかなあ。

以前から買いたかったデザイン系の本を2冊購入できたので満足。もし店頭で購入したら2冊で6000円以上したので、やはり半額セールはお買い得だ。

僕は電子書籍はAmazonが提供している「Kindle」を利用している。Kindleは無料でアプリを配信しているので、iPhoneなどのスマートフォンやiPadなどのタブレットで書籍を読むことができる。


「Amazon.co.jp」のウェブページを見るとAmazonの商売魂が垣間見れる。一度でもKindleを利用した方はご存知だと思いますが、各電子書籍のページ右側にある緑色のコーナーに「1-Clickで今すぐ買う」ボタンがあるのだ。これはAmazonにアカウントしている状態(個人情報・住所・カード情報が登録されている)だと1回のクリックで購入できる。そして手持ちのデバイス(スマホまたはタブレット)ですぐにダウンロードして、すぐに読むことができるのだ。


上記のようなシステムは「読書好き」にはたまらない。特に「海外移住者」にはたまらないサービスだ。海外にいながら日本の書籍を色々と品定めでき、すぐに購入できる。しかも今回のような半額イベントも利用できる。良い時代になったものだ。

このKindleは現在はスマートフォンやタブレットで読むのが主流ですが、どちらも持っていない方でも読むことができます。それはPCを使って読む方法です。「Blue Stacks App Player」というAndroidのエミュレータを使用して、Kindleを読むことができます。Windowsでは成功しましたが、Macでは見れませんでした。もし興味がある方は試してみてはいかかでしょうか。






 

インターネットの普及とKindleのようなサービスが増えてきたおかげで、海外で暮らしていても日本と同等のサービスを受けることができるようになってきました。
台湾もすっかり秋らしくなってきたので、秋の夜長にKindleで読書を楽しみたいと思っています。

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ