台湾ローカル電車の旅7「車埕駅:集集線」

台湾中部のローカルスポット 台湾鉄道の旅

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

台湾ローカル電車の旅7「車埕駅:集集線」台湾ローカル電車の旅7回目です。今回は「集集線」の終点駅「車埕駅」を紹介します。

電車は前回紹介した「水里駅」までは平地を走っていましたが、水里駅を離れると山間部に入って行きます。

トンネルを超えていきます。


集集線の電車がのんびり山を登っていきます。


「車埕駅」に着きました。木造の駅舎で日本統治時代の雰囲気があります。






駅の後方は広場になっています。




トロッコがありました。子供さんが楽しんでギコギコとレバーを動かしています。


貨物電車も展示されています。


集集線の模型が展示されていました。今まで見てきた駅を一望することができます。




駅の近くに大きな池があります。皆さんここで自然を楽しんでいました。




小さいショピングセンターがありました。色んなお土産をここで買うことができます。


ちょっと雰囲気が良さそうな喫茶店を発見。


お店の中で絵を描いている方がいました。駅近くにある大きな池を描いているようです。


自然に囲まれた場所でゆっくりコーヒーを楽しむことができます。






今回紹介した「車埕駅」で集集線の紹介は終了です。
始発駅「二水駅」から終点駅「車埕駅」まで約30kmと短い路線ですが、毎週末たくさんの観光客で賑わう人気路線です。
機関車が見れる「二水駅」、味わいある無人駅「源泉駅」、集集線のメイン駅「集集駅」など見どころがたくさんある路線です。日本で販売されている台湾の旅行雑誌では地味な扱いを受けている中部ですが、ちょっと踏み込めば見どころがあるスポットがたくさんあります。
これからも面白そうな路線・駅があれば紹介していきたいと思います。

車埕駅

“車埕火車站

台湾ローカル単線電車の旅その6「水里駅:集集線」
台湾ローカル単線電車の旅その5「集集駅:集集線」
台湾ローカル単線電車の旅その4「龍泉駅:集集線」
台湾ローカル単線電車の旅その3「濁水駅:集集線」
台湾ローカル単線電車の旅その2「源泉駅:集集線」
台湾ローカル単線電車の旅その1「二水駅:集集線」

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ