10年前の自分に言ってあげたい言葉

台中生活

10年前3

10年前の自分に言ってあげたい言葉みなさんこんにちは。
今日はこのお店を紹介します。

このお店って特別何かが美味しいわけではありません。
10年前、僕が台湾に来て初めて入ったお店なんです。


2005年8月、僕は初めて台湾に上陸。そのまま台中で生活を始めました。
当時、知り合いの方の部屋(ワンルーム)を借りて生活していました。

住んでいたワンルームの近くに中正公園があり、このお店は公園の脇にあって夜9時近くまで営業していたのでよく通ってました。
この店に来て初めて頼んだのが「魯肉飯」で、当時うまく中国語が話せなかったのですが、「魯肉飯(lŭ ròu fàn)」と言ってちゃんと「魯肉飯」が出てきたので感動したものです。

老闆(女将さん)は典型的な台湾の女性で、おしゃべりで愛想がよく、僕が日本人だとわかると色々と聞いてきました。なんで台湾に来たとか、彼女はいるのかとか、今まで仕事は何をしていたとか色々。

当時、一人の時間が圧倒的に多くて、言葉も不自由で何をすればよいのか分からずに生活していたのでよく塞ぎこんでました。なのでついついこの店に来て女将さんと話をする機会を作り、おしゃべりすることが僕にとって癒しの時間になっていました。

順応することの大切さ

30歳を過ぎてからの海外生活だったので言葉を覚えるのにとても苦労しました。「聞く」ことは受動的なので毎日聞いていればなんとか順応できるのですが(それでも2年かかった)、「話す」ことに関してはその何倍も苦労しました。

海外生活はすべてをゼロから始めるので安定するまで時間がとてもかかります。でも台湾は日本人にとってとても生活しやすい環境なので生活はしやすいと思います。

今振り返ると、海外生活はいかに「現地の人とコミュニケーションが取れるか」にかかってくると思うのです。せっかく海外まで来て「日本人として日本の生活」を維持してもかなりのコストがかかりますし、現地(ローカル)に溶けこめません。そういった方をたくさん見てきては、いつももったいないなあと感じてしまうのです。

もちろん人によって滞在時間が違うので、「溶け込む」必要がない人もいるでしょう。それでも1日でも海外にいるのならば、その地域で起きていること(習慣・文化)を一度全部飲み込んでみて、体験して、自分に必要なければ吐き出して、自分にプラスになるところだけを吸収すればよいのです。

そうした生活を僕はしてきたので安定するまで時間がかかったといえばそれまでなんですけどね。

自分へのメッセージ

今の僕が、もし10年前の自分(台湾に来たばかりの頃)にメッセージを送れるのなら、多分こう言うでしょう。
そんなに焦るなよ。先が見えない毎日で辛いと思うけど、コツコツやっていくしかないんだから。たまには肩の力を抜いて周りを見てみなよ。現地の人はみなマイペースで生活しているだろ?それでいいんだよ。君はもうここで生活を始めているんだから、彼等と一緒に生活をしていけばいいんだ」と。

もし今から10年後の自分(台湾に来て20年後)が今の僕に何かメッセージをくれるのならば何と言ってくれるのでしょうか。
この店の魯肉飯を食べていたら、そんなことを考えてしまいました。

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ