「間」が産んでくれた台中スローライフ

台中生活

「間」が産んでくれた台中スローライフみなさんこんにちは。
先週日本から帰ってきました。出張で行っていたのですが、毎日実家に帰ることが出来、両親と色々飲んだり話したりしてとても良い時間を過ごすことができました。毎年こういう機会を与えてくれる会社に感謝です。


日本を離れて9年が経ちました。9年間あっという間だったなというのが本音。
ブログの「プロフィール」にも書いていますが、大学を卒業してスーパーの鮮魚部門に配属後、包丁一本で生きていこうと決めていた20代半ば。会社の倒産を機にバックパッカーになってアジアを放浪した。

旅から帰るともう30代は目前で、これからどうして生きていこうと色々バイトしながら考えていた。しかし一旦まっとうな道を外してしまうとこの「日本」では生き難いことが分かった。

それに一度日本を出て、色んな国やその国々に住む人々を見てみると先進国の「日本」で生活している「日本人」は決して幸せではないと思えてしまった。実際旅先で出会ったネパール人に流暢な日本語で「日本
人は幸せではないね」と言われて何も言い返せなかった。会社が潰れて放浪していた僕にはその一言はかなり効いた。僕の周りで大切な人達が仕事の影響で亡くなっていたのもあったのだと思う。

帰国後、東京で運送センターのバイトをしていた時、バイトは皆2ヶ月契約で保険や福利厚生は無し。そんな条件なのに若い子達はもう少し長く契約してくれる「契約社員」を目指していた。そんな人達と一緒に働いていたら未来は無いと思って、中国語の勉強を始めた。

勉強を始めて3年後、運良く中国語の先生に先生の親戚を紹介してもらってなんとか台湾に来たのが9年前。持ってきた100万円でどのくらい生活できるか分からなかったけど、少しでも長く生活したかったので台中に来て2日目で飲み物屋のバイトを始めた。当時全然中国語が出来なかったし、学生ビザではバイトは出来ない事は分かっていたので毎日ハラハラしながら生活していた。


平日は大学で2時間授業を受けて夕方まで自習。当時一番安い学費プランが週10時間(毎日2時間)だったのだ。夕方からは飲み物屋でバイト。週末は隣町の彰化まで行って安親班(児童向け学習塾)で日本語を教えていた。それでも貯金は減っていく一方だった。2年目の後半、残り30万円くらいになってしまったので就労ビザをもらえる仕事を探した。

台湾に来て2年後、現地の会社に就職して生活はかなり安定した。正規の仕事を見つけるまで大変だったけど、今思えば留学生時代の「2年間」という「間」があったのがよかったのかなと思う。「2年間」で語学力をつけてバイトを通して台湾社会を体感できたのも大きかった。

それこそ放浪時代にポッカリと空いてしまった空白の時間が僕の人生の分岐点だったと言えばそれまでだけど。

人生何が起きるかは分からないから、一時的に運が悪かったり、流れが悪い方向に行ってしまって人生に空白ができてしまっても、それは後から考えたら何かの「間」になって良いリズムを後に繋げてくれるかも知れない。

そんなことを日本から台中に帰ってくる間ずっと考えていました。僕の今後の台中生活の中でまた「間」ができるのだろうか?その時またじっくり考えてもがいて行こうと思います。

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ