旅友のお店に遊びに行ってきた「煮込み六軒:京都」

バックパッカーの落し物 帰国日記

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

旅友のお店に遊びに行ってきた「煮込み六軒:京都」10年前、僕はリュックを背負って東南アジアに行き旅をしていました。
旅先で出会った友人「Iくん」。僕らは意気投合して中国の雲南省やカンボジアを共に旅しました。
雲南省の観光地「虎跳峽」

雲南省南部の街「モンラー」


カンボジアの「アンコールワット」


彼と共に過ごした時間は今でも色褪せることなく、僕の青春の一部となっています。
今でも顔を合わせれば酒の肴として当時の出来事を二人で思い出しながら酒を飲み語り合います。

その「Iくん」が念願のお店を地元京都で開いたので今回行って来ました。

お店はJR京都駅から歩いて15分くらいの所にあります。
お店の近くに「高瀬川」という小さい川があります。


四条辺りではこの「高瀬川」沿いにたくさんの洒落た店がありますが、五条通り近くになるとひっそりしています。


「お茶屋本家三友」を曲がると・・・。
提灯が左側に見えました。




ひっそりとした旧家の中にそのお店「煮込み六軒」がありました。


早速店内に入ってみます。










店長(Iくん)が厨房で忙しくしてました。


メニューを見ると右側に店長(Iくん)のイラストが。そっくりです(笑)。




早速このお店の看板メニュー「煮込み(小)」を頂く。


牛肉の煮込みでとても柔らかく、味がよく染み込んでいます。これはお酒に良く合いますね。


「焼いたおあげとたっぷり九条ネギ」も頂く。


揚げとシャキシャキのねぎの組み合わせが絶妙。


「ぶりかま焼き」も頂く。


この「ぶりかま」がよく脂が乗っていて美味しい。


日曜の夜だったのでお客さんが多かった。白人のお客さんも結構いて、みな居心地が良さそうにお酒を楽しんでいた。

友人との再会でお酒も格別に美味しい。ワインと日本酒をご馳走になってしまった。


このお店はオープンしてもうすぐ満2年になるのだとか。場所が目立たない所にあるので常連さんばかりかと思いきや外国人観光客もちらほら来るらしい。看板メニューの煮込みは食べる価値ありです。京都に来てのんびり飲みたい時はぜひ来てみてください。愛想が良く、ゆったりとした京都弁を話す店長が心地よく迎えてくれます。


煮込み六軒
京都府京都市下京区早尾町164-3
営業時間:14:00-23:00
水曜定休

“京都府京都市下京区早尾町164-3

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ