なぜ台湾で販売している日本メーカーのモノは高いのか?

台中生活情報

ニトリ1

なぜ台湾で販売している日本メーカーのモノは高いのか?みなさんこんにちは。
久しぶりに彼女と一緒に買い物に出かけてきました。

買物先は台中工業地区入り口付近にある「台糖」の中にあるスーパーです。
スーパーの中に日本の家具チェーン店「ニトリ」があります。

現在「ニトリ」は台中で4店舗。台湾全土で21店舗あります。
店内に入ると日本語のアナウンスが流れています。これは台湾で「ニトリ」は日本の企業として知名度が不十分なので、こうしてアピールしているだと思います。

「日本の品質」と書いてあるプレートがあちこちで吊られています。これも日本の小売店なんだとアピールしているんですね。


店内のレイアウトは日本のお店と変わらないと思います。かなりのアイテム数を揃えていますね。




ランドセルがありました。台湾でも結構需要があるみたいです。


日本では「12852円(税込)」で販売されていますが、台湾では「5990元(税込)」の値札がついています。
円安で現在1元=4円弱くらいなので、約24000円弱もします。日本で購入する金額の倍の値段がついているわけです。

さすがに倍もするので売れないのでしょうか、それとも円安に配慮しているのでしょうか、下に赤字で特売価格「4790元」と書いてあります。それでも19000円くらいするわけですから。

海外に出店している日本企業の戦略

日本の企業が台湾に出店しているケースで、値段設定が日本の定価よりも高い企業がほとんどです。
これは台湾に住んでいる日本人にとっては辛い価格設定ですよね。まあ、日本の定価を知らなければ済む話なんでしょうけど。

この価格設定は現地の消費者(台湾人)にとってはありえないと思う価格なのですが、それでも購入する人が絶えないのが台湾なんですね。
基本、台湾人は台湾の小売店が販売しているモノ、または台湾メーカーが販売しているモノより、海外の店舗が販売しているモノを好みます。
それは今までいくつも発生してきた台湾メーカーの不祥事から、消費者が台湾製品に対する不信感がとても強いからなんです。

日本の企業はこうした現地の消費者の傾向と、企業の国際ブランド化を推し進めた結果、日本の価格よりも高い価格で設定して「価値観」を高めているのです。

消費者の行動力と情報収集力

現在、情報機器の進化で個人で色々と情報を収集できるようになりました。特にスマートフォンが出現してから、消費者の購入方法も変化してきたと思います。

この間、百貨店でウインドーショッピングをしていたら、ある方が展示されている海外メーカーの製品をじっと見つめながら、スマホの画面を覗いていました。その方の横を通り過ぎる時にスマホの画面をチラッと見たら、ネットショップで提示している価格と比較しているのです。

ネットショップでは実際に欲しい商品を手に取ることはできません。なので百貨店などに出向き、実際欲しい物の質感や外観をチェックして、価格が安いネットショップで購入しているのだと思います。日本ではこの手法がもはや主流になってきていて、量販店で手に取り、個人ブログや価格.comでレビューをチェックして、最後Amazonで購入する人が大多数いますよね。

台湾でもそういう動きが活発になってきました。つまり消費者が賢くなってきたのです。
行動力がある消費者は日本に旅行した際にごっそりと買物をしているそうです。今は円安の影響と免税店が増加している(近々セブン-イレブンも免税サービスを実施)ので、以前よりも安く購入することが可能になってきました。

台湾では海外の製品が多く販売されていてとても便利ですが、販売価格はすべて代理店や貿易商社が決めています。もしレートが下がっても、決して還元セールなどは行わないために、行動力がある方は台湾国内では購入せずに海外に出た時にまとめて購入しているのです。
ここ数年、日本に来る観光客が増加していて「インバウンド」関連の業界が潤っているのはそういうわけなんです。

以上、台中にある日本の小売店を買い物して気付いたことをまとめてみました。
お金は限りがあるので、出来るだけ安く購入して、家計の負担を少しでも和らげたいですよね。

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ