鉄道倉庫が今やアートの空間になっていた「20番倉庫」

台中ローカルスポット

鉄道倉庫が今やアートの空間になっていた「20番倉庫」台中駅近くに芸術スポットがあると聞いて行って来ました。
台中駅付近といえば、バスターミナルや台中で一番大きい市場「建国市場」、外国人労働者の溜まり場「第一広場」などがあってゴチャゴチャしているイメージがあります。
そんなところに芸術に関連する場所があるんでしょうか?

台中駅近くでこんなポスターを発見!


ポスターの矢印に沿って歩くとまた大きなポスターが。


矢印の先は「台中駅後方入り口」。


改札まで歩いて左折すると・・・。


駅の端っこに小さい矢印が!これって非常に分り辛いんですけど。


駅の構内を進むと白い倉庫が見えた。上に20って書いてある。


ここが「20番倉庫」なんですね。


建物の中に入るとテーブルと椅子があって休める。壁には絵が飾られている。


建物の奥に入ると大きな空間が。ここでは定期的に展示会が行われているようだ。
ちょっと覗いてみましょう。


ロボットの絵。


ガラスの容器に顔を突っ込んだクジラ。


角が血管になっている鹿かな?


どの作品も独自の雰囲気をもっている。シュールだ。


それではその他の倉庫にも行ってみましょう。
台中駅倉庫は線路沿いに幾つかの倉庫が建ち並んでいる。


この倉庫は木工教室になっているようだ。門が閉まっていた。


この倉庫は入り口が開いているので入ってみよう。


倉庫独特のうす暗さの中にアトリエがある。


何人かの芸術家が共同で作品を展示しているようだ。
若いアーティストの親御さんだろうか、懸命に自分の息子の作品を紹介していた。
家族が出てきて子供達の作品を紹介するなんて日本では有り得ないだろうな。


壁に製作者のプロフィールが貼られている。


隣の倉庫はちょっと地味だ。


ここは何を製作しているのだ?


答えはアクセサリーの製造でした。先生が一般向けに作業現場を開放しているのです。


生徒達が一般の人に紛れて先生の授業を聞いていました。
先生は一つ一つの工程を熱心に教えていました。こうやって一工程ずつ見ることができるので分かり易い。


火を使って溶接しています。




教室にポスターがありました。「技術はここで成熟される」と書いてある。


一番端にある倉庫まで来ました。


ここは完全にアトリエになっている。
芸術家の方が1人で黙々と製作に励んでいたので中に入れなかった。というか中に入って製作の邪魔をしてはいけないオーラが出ていました。


無断で写真を撮るのが申し訳なかったので、「すいません。写真を撮っても良いですか?」と尋ねたら難しそうな顔で頷いてくれました。


この方の作品がこの倉庫の中で一番精彩を放っていました。この方が今後展示会を開くのであれば、行ってゆっくり見てみたいなと思わせる作品ばかり。


この日は沢山の作品を見ることができました。台中駅の倉庫にこんな空間があるなんて。
昔の建物を利用し、今風のアートスタジオを創ってしまったアイデアに脱帽です。
以前訪れた「忠信市場 」もそうでしたが、若い人達が自分を表現する場所が増えているように思います。
アイデアや才能があれば、自分を表現する空間がきっとあるはず。そんな時代に到達したのではないでしょうか。
僕もいつかはこのブログでやって来たことをこういう空間を使って表現してみたいと思いました。いつになるか分かりませんが、考え始めるとワクワクしてきます。そういう「想像」が「創造」を生み出すのでしょう。良い時代になりました。

20號倉庫
台中市東區復興路四段37巷6之1號

台中市東區復興路四段37巷6之1號

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ