若い情熱でよみがえる旧市場(忠信市場)

台中ローカルスポット

若い情熱でよみがえる旧市場(忠信市場)先日台中美術館辺りを歩いていた時に、建物と建物の間に中に入れる空間があることに気づいて入ってみると。

映画のセットみたいな空間に出た。
なんか活気があるぞ。


何人かの人が道の上にシートを広げてモノを売っている。僕は興味津々でジロジロ見ていた時だ、一人の男性が人懐っこい顔で僕に話しかけてきた。
「你好!」


彼の名前は「王璞」。台南からわざわざ台中まで来て、路上にシートを広げて物を売っていた。彼は毎週場所を変えながら自分が好きなモノを販売しているのだ。今回彼の仲間達も皆家から使わないものを持って来て各自販売していた。彼らのスペースだけがまるでフリーマーケットのようになっていた。




「王璞」の仲間である一人の女性は自分の所有している服をシートに並べて販売していた。彼女は普段は会社勤め。今回友達と一緒にシートを広げて、自分が以前購入して着ない服を売っていた。普段の生活では体験できない事をここでは体験できると嬉しそうに話していた。


フリーマーケットエリアの側で一件の屋台が食べ物を販売していた。


屋台を経営しているこの彼女は「自然食」をテーマにした食品を屋台で販売している。
彼女が作った「手作りポテトチップス」を試食で頂いた。ヨーグルトソースをつけて食べると美味しいと勧められ食べてみたら本当に美味しかった。


ちょっと歩いて面白そうなお店を見つけた。
看板に「ボードゲーム空間」と書いてある。


お店の外観はとても綺麗に装飾してある。


中に入ると狭い空間に海外のボードゲームが並んでいる。
狭いけど独自の雰囲気があって面白い店だ。




ここのトイレはなぜかカラフルに塗装されていて芸術的なものを感じる。
ここの空間は一体どんなところなんだろう・・・。


ちょっと歩くとコーヒーの香りがした。
何人かの人がコーヒーを飲んでいるらしい。
この店は壁が無いのだ。外から店の中が丸見えだ。




お店のご主人みたいな人が道の上にテーブル(コーヒーカップの形をしている)を置いてそこでコーヒーを淹れている。


若い店の主人は僕がカメラを構えていると
「写真を撮る時は僕に先に言ってから撮ってね」とさわやかな声で答えた。
僕がカメラを再度構えると彼はコーヒーを淹れる仕草をしてくれた。サービス精神旺盛である。


珈琲屋を後にして僕はこの映画のセットみたいな街を歩く。
この街の天井は屋根に遮られているので日があまり差し込んでこない。しかも風通しが悪いので蒸し暑い。


またおしゃれと言うか、奇妙な店(?)を発見。


お店の中を覗くとインテリアを販売しているお店のようだ。
何人かの人が熱心に並んでいるインテリアを見ていた。


小さい家が所狭しと並んでいるこの空間。
近くには台中美術館があって、ちょっとお高めのレストランがたくさん並んでいる通りの中にこんな異質な空間があるなんて。


小さいけどちゃんと廟もある。
台湾ぽくない空間だが、ちゃんと台湾らしくしているのが可笑しい。


路上ではまだ彼らが熱心に自分達が好きなものを売っている。
そうかここは若者達の作り上げた空間なのだ。
皆自分が好きな事をやって一生懸命自分を表現しているのだ。


ここもそうなんだろう。奇妙なトイレがあったり、何かを映写して自分の作品を表現しているのだ。




先ほど出くわした「王璞」が誰かと話をしている。
彼は僕の存在に気づき、話をしていた彼を僕に紹介してくれた。


紹介してもらった彼も若く23歳だという。道の上にテーブルを置いてアクセサリーを販売している。
王璞が
「彼はタロット占いが得意なんだよ。よかったら見てもらえば。」
とこの若い男性の特技を紹介した。なんでも彼は13歳の時からタロットを研究していて、一回50元だと言う。
僕はここで出会う若い子達はみんな面白いなあと思って、その勢いに乗って占いをしてもらった。


タロット好きの青年がどんなことを占って欲しいのと聞いてきたので、思わず僕は自分の将来について占って欲しいと話した。
彼はごく自然にカードを切り、僕は彼の指示通りにカードを3枚引いた。

僕が引いた3枚のカードが示すものは、僕が現在悩んでいる事をズバリと当てた!
内容は僕の欠点でもある「人との交流」をもっと積極にするべきだとカードは示している。
今まで付き合ったことのないタイプの人とも積極的に交流するべきだと言ってくれた。自分の痛いところを突かれた気分になった。


この彼の本業はアクセサリー販売で今度小さいお店を出すんだと楽しそうに話してくれた。
ここで出会った青年達はなんとも小気味良い人間ばかりだ。皆自分のやりたいことがあって、情熱を持ってそれに打ち込んでいるのだ。そんな情熱あふれた空間に僕は魅了されてしまった。
僕は早速iPhoneを使って彼らとFacebook上で友達になった。こんな手軽さも彼ら若者の特権だ。

王璞がFacebookでこんなことをつぶやいていた。
「やっぱり僕は台南でやっていく。ここ(忠信市場)の一棟の家賃は5000元と破格なんで迷ってしまうけど」
その言葉を読んで僕は驚いた。ここは昔は市場で今は廃墟になっているのだ。しかも一棟の家賃はひと月5000元と破格の値段だ。先程も述べたけどこの付近は台中では人気がある通りで外観が見事なレストランがたくさん並んでいるのだ。
なるほどそれで多くの若者がここで自分を表現しているのだと。ひと月5000元なら会社勤めでもなんとか払っていける額だ。

この不思議な空間の出口を出たら美術館が見えた。彼らは良い場所に恵まれている。
また週末にここに来て彼らの情熱に触れてみたいと心から思った。


忠信市場
台中市西區五權西路一段67號

台中市西區五權西路一段67號

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ