台湾では食べられない普通のポテトサラダの作り方

台中生活

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

台湾では食べられない普通のポテトサラダの作り方台湾に長く住んでいると自分で料理を作りたくなります。というか小さい頃から食べていた料理を突然食べたくなるんですね。そういう欲望はある程度お金があれば解決できます。なぜなら台湾各地には必ず日本人行きつけのお店があるからです。でもそういうお店に行かれる方は経済的に余裕がある駐在員の方かその家族の方だけなんですね。

現地で採用され、現地の人達と同じ条件の収入しか得ていない人間は日本人御用達のお店には行けません。それは価格設定がローカルの価格と雲泥の差があるからです。例えばある日本風居酒屋で「鶏の唐揚げ」が一皿250元だったとします。同じ「鳥の揚げたもの=鹽酥雞」がローカルの屋台では40〜50元で購入できます。またローカルではお弁当が50元から購入できます。つまり居酒屋でおかずを一つ頼む料金とお弁当4〜5個が同じ料金なんですね。おかず一つで4人家族のお腹を満たすことができるのです。

つまりローカルなお給料では上記のような居酒屋さんや日本料理専門店は高嶺の花なんですね。

そういう所でしか母国の料理が食べれない訳ではありません。台湾の町中に溢れる「日本料理=日式」の看板はとても多い。しかしその「日式」は我々日本人から見たら目眩がしそうな味付けなんです。例えば

* ラーメンなのに鰹だしを使用している
* たこ焼きや大阪焼きはとても油がきつい
* 刺し身の内容がマグロ・サーモン・カンパチ・イカ・タコのローテーションのみ
* お寿司のネタが全て加工品
* 味噌汁が甘くて鰹だしがプカプカ浮いている
* カレーの味付けが根本的に違う

書き出したら止まらないのでここまでにしたいと思います。なのでローカルな日本料理はあまり期待できないので、だったら自分で料理したほうがマシだなと気付いて料理をするようになるんですね。しかし台湾の「ワンルーム=套房」にはキッチンなんて所は無いので、僕はただただ料理をするためにアパートに住むようにしているのです。

「なんだよポテトサラダの作り方を書くんじゃないのか!」と怒られてしまいそうなので、そろそろ本題に入りたいと思います。

今回は市場に行って食材を調達しました。費用はこれで100元。

じゃがいもとにんじんの皮を剥きます。




にんじんは小さく切ります。


玉子はアルミホイルに包みます。


これらをお鍋に入れます。水量は具が全部浸かるくらいに。




お鍋の具材ができる間にキュウリを切っておきます。切ったら塩をふって水気を取ります。




玉ねぎ2分の1をみじん切り。


じゃがいもに箸を刺して柔らかくなったかを確かめます。


じゃがいもが柔らかくなったらお鍋の中のお湯を捨てます。


玉子を取り出して、じゃがいもを潰します。




じゃがいもがほぐれたら、玉ねぎを入れます。


玉子は殻を剥いてカットして入れます。


混ぜるとポテサラらしい色になりました。


日本のマヨネーズを入れます。(台湾のはNG)


お酢を入れます。


最後にキュウリを入れます。


これでポテトサラダのできあがり!




上記した日本料理店だと一皿200元くらいする「ポテサラ」ですが、自分で作ると100元ちょっとで出来てしまいます。しかも7〜8皿分はあるんじゃないでしょうか。やはり料理は自分で作ったものが美味しいですよね。
材料も安く手に入りやすいものばかりなのでお勧めです。
特別な物は要らないただ自分の口にあったものが一番。

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ