僕と天使の散歩日記Vol.11:台中港町梧棲ぶらぶら散歩

僕と天使の散歩日記

梧棲老街a

僕と天使の散歩日記Vol.11:台中港町梧棲ぶらぶら散歩みなさんこんにちは。
会社の庭の「山茶花(サザンカ)」にたくさん蕾がついています。山茶花は台湾では「日本小姑娘(日本のお嬢さん)」と呼ばれています。来週には開花した日本小姑娘が楽しめそうです。今からワクワクしてます。


今回は天使を連れて台中の海沿いにある「梧棲」を散歩してきました。


海が近いので「梧棲」のプレートに船の絵が描いてあります。


今回は「梧棲老街」と呼ばれている下町通りを散歩してみます。


店を一つ一つ眺めているとなんだか日本の昭和時代の町並みのような雰囲気を感じます。






魚屋さんがありました。


店頭でカラスミを干していました。こんなに大量に干してしまって大丈夫なんでしょうか?誰かに持って行かれたり、野良猫に食べられたりしないのだろうか?




看板には大きく日本語で「カラスミ」と書いてあります。台湾の看板に書いてある日本語は誤植率が圧倒的に高いのですが、この看板はきちんと書いてあった。


樹の下に「豆花」という看板が見えた。ちょっと休憩しよう。




「豆花」とは豆腐に甘い汁を加えたり甘い物を添えて一緒に食べる台湾の伝統的なスイーツです。真冬でもお客さんが結構いました。


種類がかなりあります。どれにしようかなぁ?


一番スタンダードな「綜合豆花」を注文。




豆腐はプルプル。ピーナッツと小豆が入っている。素朴で懐かしい味。




天使はあまり「豆花」は好きではないらしい。


このお店はなんと30年以上も営業しているそうです。かなりの老舗ですね。
お店のご主人は当初この屋台を引いて「豆花」を販売していたそうです。この屋台は1人でこの地域の味を守ってきた証なのでしょう。


以上「梧棲」の町を散歩してきました。これといった場所があるわけではないですが、なぜかほのぼのとした雰囲気が心地よく、まるで子供の頃に戻ったかのように町を歩いていました。歴史がある町はやはり面白い!

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ