台中の雰囲気が良い古本屋「茉莉二手書店」に行ってみた

台中生活情報

台中の雰囲気が良い古本屋「茉莉二手書店」に行ってみた今回は台中にあるお気に入りの古本屋さんを紹介します。
日本語の本が結構あるので、台中市内に行ったら必ず寄って面白そうな本を漁ってます。

場所は市民広場の隣にある7-11の隣。

コンビニの隣にある階段を降りると入り口があります。


中に入ると結構広い。


暗い空間の中でライトを当てられた美術品と骨董品がお店の品の良さを演出してます。物の見せ方が上手で感心してしまう。




ガラスケースの中の品物も思わず覗いてしまう。




店内はシンプルなレイアウトでどこに何があるか分かり易い。


ファッション誌が各紙揃ってます。


科学雑誌などニッチな雑誌も揃ってる。


いつの時代の「non-no(ノンノ)」だろう。


日本のファッション誌の品揃えがすごい。


日本の専門書はインテリアや建築デザインものが多い。多分台湾人で勉強している人が購入したのだと思う。


中古CDとDVDも結構な数がある。




漫画コーナーは日本の漫画の中国語版がほとんど。




日本書籍コーナー。ベストセラーの本が多いのは駐在で台中に来られた方が帰る時にこの店に売ったものだろうか。


日本の小説も結構ある。


張り紙に「1冊40元。3冊で100元」と書いてある。値段は安いと思う。


店内にテーブルや椅子が置いてあるので、ゆっくり”座り読み”しながら本を吟味できるのだ。日本ではあまりないタイプの店だ。


喫茶コーナーもある。遅めのランチを取りながら読書を楽しむ。良い休日の過ごし方だ。




日曜日のお昼に行ったのですが、開店前で皆さん並んで待って入店してました。
古本屋に入るのに並ぶなんて、日本ではありえない!
それくらいこの店の雰囲気や品揃えが良いからなんでしょう。
店内をブラブラしながら面白そうな本をみつけて、椅子にゆっくり座りながらランチを楽しむ。読書好きにはたまらないお店だと思います。

市内の中心にあるのでアクセスが便利。台湾の生活が長く日本語の活字に飢え始めてきた人(自分?)には最適なお店ではないでしょうか。

茉莉二手書店 (台中店)
台中市公益路161號B1
04-2305-0288
12:00-22:00

台中市公益路161號

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ