誰も登らないサイクリングコース「沙鹿自行車步道」

自転車日記

沙鹿登山道1

誰も登らないサイクリングコース「沙鹿自行車步道」みなさんこんにちは。
当ブログは今日で「5周年」を迎えました。なんとか5年間続けることができました。これからも読んで楽しくなる記事を書いていきたいと思っています。よろしくお願いします。
また中国語での更新も「2周年」を迎えました。おかげで台湾からのアクセス数が、日本からのアクセス数を越えました。これも日々ローカルなネタを書いて、ローカルの人に見て頂いているのだと思います。日本の人も台湾の人も楽しめるような記事をこれからもジャンジャン書いていきたいと思います。

今回は久しぶりに自転車ネタです。僕は毎日バイクに乗って沙鹿から台中工業地区まで通勤しています。その途中にある「沙鹿自行車步道」という自転車道を今回走って来ました。

台灣大道と高速道路3号線が交差する所に「沙鹿自行車步道」の入り口があります。






入り口だけど傾斜がかなりあるので慎重に登り始める。


未舗装の道がある。マウンテンバイクで登っても面白そうだ。


写真を撮っていたら白いワンちゃん達がやってきた。野犬のようだけどかなり人懐こい。






この子達は誰かに飼われているようだ。辺りを見渡すとホームレスが作ったような家があった。この子達はそこで飼われているのだ。でも登山道の入り口に家があるなんて・・・。

山道は続く。それにしても誰にも出会わない。誰もこの道を歩いていないのだ。


登山道の地図を発見。色が褪せていて年季を感じる。


普通、登山道は緑が多いイメージがあるけどこの道は砂利ばかりだ。


道の右側に「崖に注意」の文字が。崖の高さがかなりある。怖い。




道の途中に休憩できるところがある。そして誰もいない。


喫茶店を発見。そういえば登山道の入り口にここの看板があったな。夜は夜景が見えるそうだけど、夜にこの道を登りたくない。




山道をチンタラと登って行く。


登山道が終わって舗装道に繋がる。廟の入り口を発見。


「都会公園」に繋がる道に出た。




それではこの登山道のデータを確認。登山道入り口から道路まで約2km。




コース全長は2.4kmで登りが219mあるので平均勾配は「9%」でした。


この「沙鹿自行車步道」は歩いて登るには丁度良い勾配だと思います。自転車で登るにはちょっとしんどかった。緑が少なく、見どころも少ないので誰もこの道を歩いていませんでした。かなり寂れた登山道でした。しかし車やバイクが通らないのでゆっくりと自転車で登ることができます。ヒルクライム(自転車で山登り)の練習には適しているのではないでしょうか。もし興味があれば一度登ってみてください。

沙鹿自行車步道

“台灣台中市沙鹿區中棲路2-20號

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ