家から車で1時間半で台湾の大自然を楽しめる「杉林溪生態遊樂區」

台中ローカルスポット

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

家から車で1時間半で台湾の大自然を楽しめる「杉林溪生態遊樂區」彼女のお店の閉店作業が一段落したので、友達と一緒に出かけてきました。
場所は南投にある「杉林溪生態遊樂區」。僕らが住んでいる沙鹿から車で1時間半くらいのところにあります。

入り口付近にあるこの「杉林溪生態遊樂區」の全体地図。入り口で標高が1600mmもある。

今日は知り合いの子供も一緒に連れてきました。彼はPくん。天使と同じ年です。


ちょっと歩くと川が見えます。ここではボートに乗れるみたいですね。


我々もボートに乗ることに。それにしても僕と彼女は凸凹だなあ。


Pくんも楽しんでいるよう。


ガチョウが気持ちようさそうにひなたぼっこ。


カルガモが優雅に泳いでいる。


ここは自然が多く、川の水も綺麗。


紫陽花の花がきれい。


標高が高いのですぐに霧が出てきます。


女性達はあまり運動が好きではないので、我々男性達だけでハイキングに出かけました。
少し歩いただけでこんなにきれいな川がある。自然との距離がとても近いのだ。


苔が生えた石階段。歩いていてとても気分が良い。


Pくんも楽しそうだ。彼はお父さんと二人で暮らしている。彼のお父さんは週末も休まず働いている。
普段出かけたりすることも少ないみたいなので、この日はとても喜んでいた。


小さい滝が見えた。


止め処なく流れる滝を見ていると心が洗われるようだ。


小さい滝を堪能したあと僕らはさらに奥へと進んだ。


岩から清水が流れている。


上流に進むほど川の流れは強くなっていく。


こういう所で見る花は格別きれいに見える。


一番奥の休憩所に着いた。ここのオブジェクトは原住民をテーマにしている。


立派なモノがおっ立っている。


この休憩所は吊り橋があったり、石伝いに川を渡ることもできる。


奥に大きい滝がある行ってみよう。


くり抜かれた岩の中に入って行く。


岩でできたドーム。自然の凄みを感じる。


滝のすぐ側まで行けるようだ。


マイナスイオン出まくり。滝からのしぶきが気持ち良い。


滝を超えて、さらに奥へと進む。


小さいトンネルの先へ。


大きい杉に辿り着いた。この杉の中は空洞になっている。


杉の表面が神々しい。


ここが最終地点の「天地眼」だ。岩の表面がくり抜かれていて、まるで人の顔のように見える。


「天地眼」の説明が書かれている。この地点は入り口から4.2km離れていて、標高1800mあるという。


Pくんがとても疲れていたので、帰りはバスに乗って入り口まで戻った。


バス料金は大人40元。子供20元。普段あまり運動をしていない人はバスを使った方が良いと思う。
他にもハイキングルートがあるので、バスを使うと無駄に体力を使わずにうまく見て回れる。


思った以上に楽しめました。奥(大滝がある所)まで行かなかった彼女達はあまり楽しめなかったみたいです。
標高が高いので、8月でも日陰では少し肌寒い。また天候が変わりやすいので防水性があるジャンバーがあると重宝します。

台中から高速道路(3号線)を南下して「竹山」で降り、ひたすら山を登れば「杉林溪生態遊樂區」まで行けます。
台湾は標高が高い山がたくさんあるので、夏になるとみなさん山に登って暑さをしのいでいます。これも台湾の楽しみ方の一つなんですね。

杉林溪生態遊樂區
南投縣竹山鎮大鞍里溪山路6號
04-9261-1217

杉林溪森林遊樂區

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ