今や有名観光地になった廃止線駅「勝興駅」

台中ローカルスポット 台湾鉄道の旅

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今や有名観光地になった廃止線駅「勝興駅」先週、レンガ製の鉄道橋「龍騰断橋」を紹介しました。その「龍騰断橋」の近くに今は使われていない廃止線の駅があると聞いて行って来ました。

場所は苗栗県三義鄉龍騰社区です。近くに線路が通っています。

山を登っていくと停車している車をたくさん見かけました。


どうやら交通規制をしているようだ。この先は車やバイクは通行禁止らしい。


仕方なく歩いて山を登っていくことに。地図を見るとこの先に廃止線の駅があるらしい。


10分ちょっと山道を歩くと建物が見えてきました。小さい街に着きました。


「勝興駅」に到着。観光客で「賑わう」ではなく「ごった返している」と言った方が良い。

そりゃ交通規制がかかるわ。




この「勝興駅」以前は山線として使用されていましたが、台中線の路線変更に伴い廃止線となってしまいました。標高が402mあり台湾最高海抜の鉄道駅です。


線路内は開放されていて自由に歩くことができます。




駅名標に歴史を感じますね。


トンネルがあります。トンネルに近づくととても涼しい。
通行禁止なのですが、皆暑さをしのぐために中に入っています。台湾人の辞書に「規則」という文字は無し!




線路の近くに洒落た喫茶店がありました。


今回訪れた「勝興駅」は観光地化されて久しいのでしょう。いくつか残念な所もありました。
●オバサン達のダンスショー
広場で何組かのおば様達が懸命に踊っていました。しかも大音量。廃止線の情緒もこれでは・・・。


●野外按摩
駅に按摩さんの屋台がありました。必要な方もいるのでしょうけど、古くからある廃止線駅に本当に必要?恐るべし屋台王国台湾。


●車が多すぎ
ただでさえ道が狭い山道に車がバンバン走っていました。駐車場にも車が溢れいました。そりゃ交通規制がかかりますよ。


貴重な廃止線駅も観光地化が進み、歴史遺跡というより有名観光地になってしまいました。自分が思い描いていた「廃止線」のイメージではなかったのが残念です。
高速道路が近くを通るので、交通量が多いのもネックです。行かれる方は朝早く行った方が涼しく、駅近くに駐車できると思います。
自然が多く環境的には素晴らしいロケーションなのですが、ちょっと商業的になってしまったのが残念でした。人が少ない時間帯を狙って行った方が良いと思います。鉄道に興味がある方は是非一度訪れてみてはいかかでしょうか。

勝興駅

“台灣苗栗縣三義鄉苗49鄉道69號

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ