台中の行列ができる焼きギョーザ店!「小六鍋貼」

台中の美味しいもの

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

台中の行列ができる焼きギョーザ店!「小六鍋貼」台湾でギョウザといえば「水餃子」のことを言います。確かに水餃子も美味しいのですが、日本でいつも食べていた焼きギョーザを食べたくなる事がよくあります。今回は美味しいギョウザを求めて台中市内まで行って来ました。

ここは台中の西屯區華美西街にある餃子屋。今まで水湳市場で商売をしていて、8月にこの店に引越してきたのだとか。
看板に日本語で「焼き餃子」と書いてありますね。



ある方が書いたブログで開店から行列ができると書いてあったので開店時間前にお店に到着。11時半開店で現在11時5分。すでに数人が並んでる!


開店10分前にはもう行列ができていました。早く来て良かった。


開店と共に注文が始まる。先頭グループはどうやら持ち帰り客みたいだ。


開店でこれですよ。これは味に期待ができそうです。


多分店主でしょうか。1人で黙々と餃子を焼いていました。


ご家族の方でしょうか必死に餃子を包んでいました。


今回は焼き餃子一皿(70元)と酸辣湯(30元)を頼みました。というかこの2品しかないのだ。


テーブルでひたすら餃子が来るのを待つ。


やることがないので餃子のタレを準備しておく。


開店10分後。店内の席は全て埋まっているが、まだ誰も餃子を口にできないでいる。ひたすら辛抱だ。


開店10分後。やっと酸辣湯が来る。コショウが効いていて結構辛い。


開店15分後。やっと焼き餃子が来た!美味しそうだ。


皮はパリパリ、中身はかなりジューシーである。


餃子の中にかなり肉汁があったため、何も考えずに噛んでしまうとこのように肉汁が飛び散ってしまうのだ。もちろんちゃんとテーブルは拭きました。


だいぶ待ちましたが、並んで待ったかいがありました。本当に美味しかったです。できればビールと一緒に食べるともっと美味しいかも。しかし台湾のお店では酒類を扱う場所が極端に少ないのが残念だ。
このお店は別に内装が凝っていたり、お店の従業員のサービスが特別素晴らしかったりするわけではない。至って普通のお店だ。しかし提供する「餃子」というサービスが美味しいというだけで、このようにお客さんが開店前から並んで商売が繁盛しているわけだ。値段は少し高めの設定(一皿=10個)だけど、味が良ければ問題ないのだ。
台中にお越しの際はぜひ寄ってもらいたいお店である。かなりオススメ。

小六鍋貼
台中市西屯區華美西街二段235號
予約はできない。
營業時間:11:30から完売まで。(午後3時くらいで閉まるという噂も)
店休:木、日曜日

台中市西屯區華美西街二段235號

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ