台中で食べられる本格パスタ「小蝸牛:台中」

台中の美味しいもの

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

台中で食べられる本格パスタ「小蝸牛:台中」普段このブログで紹介するお店はだいたい僕1人で行く事が多いので、いつも彼女から文句を言われていました。「ずるい!1人だけいつも美味しいものを食べて」と。


そこで彼女の機嫌を取るために今回は二人でイタリヤ料理を食べてきました。
お店の名前は「小蝸牛」。文心路と台灣大道(中港路)の交差点近くにあるビルの2階にあります。


2階に上がるとお店がありました。1時間前に予約の電話をしたので待たずに済みました。




店内はこんな感じ。








ピザ厨房を開放して見れるようにしてあります。子供達が目をキラキラして厨房をのぞいていました。




まずはピザ生地をこねて作ります。






それからソースと具材を載せていきます。


釜に入れて数分後・・・。



焼き立てのピザが出てきました!
ちなみに彼はピザの勉強を半年ほど勉強したそうです。それでお店で作れるようになるんですね。ある意味すごい。





席に戻り、ワインを飲んでいると頼んでいたパスタが来ました。
「羅馬起司培根義大利麵=チーズとベーコンのスパゲティ=270元」





麺がちょっと固かったですが美味しいです。
「なんでこんなに固いの?」と文句を言いながらもモグモグ食べてます。


「白鯷魚比薩=アンチョビピザ=320元」が来ました。


アンチョビの酸っぱさとピザが良く合います。



「千層麵」を普通のスパゲティと思って頼んだら、実は「ラザニア」だったという話。
テーブルに置かれたラザニアを見て「これは失敗」と思って食べてみたら、これが一番美味しかった。世の中やってみなくては分からないことばかりだ。
「地中海肉醬菠菜千層麵=ミートソースとほうれん草のラザニア=270元」


ほうれん草のパスタと柔らかい牛肉が美味しい。スパゲティを食べていた彼女が一口ラザニアを食べて「替えてくれ」と言ってきたので、速攻で拒否した。




スープが飲みたいと言うので頼んだら「かぼちゃのスープ」が来た。


彼女は一口飲んで、「全部飲んでいいよ」と言ってスープの皿を僕にくれた。お気に召さなかったらしい。かなりワガママなやつだ。


今回二人で合計1200元くらい(サービス料込)。


今回訪れたイタリアンレストラン「小蝸牛」は4,5年ぶりに来たのですが、場所が変わっていて驚きました。以前はそごうの近くにあったのですが、今や立派なビルの中とは・・・。どうりで値段もパワーアップ。(久しぶりに来たので高いと思ってしまった)
値段はともかく、色んな種類のパスタが食べられ、雰囲気が良いので興味があれば一度来られてみては如何でしょうか。間近でピザが焼けるのが見れるのでお子様には喜ばれるのではないでしょうか。

小蝸牛廚房
台中市西屯區文心路213號2F
04-22518862
營業時間:11:30-15:00/17:00-22:00

“台中市西屯區文心路二段213號2F

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ