松山空港(台北)と羽田空港(東京)でのネットの利便性について

海外生活の知恵

松山羽田11

松山空港(台北)と羽田空港(東京)でのネットの利便性について昨年は日本に3回ほど帰ることができました。出張や友達の結婚式などの用事があったためです。
僕は毎回台北の松山空港から東京の羽田空港のチケットを購入しています。

東京に実家があるので羽田空港に直接行けるのはとても便利。アクセスも成田空港より便利です。

今回は2つの空港のネット環境比較をしてみたいと思います。
まずは台北の「松山空港」から。

ここは税関検査を通過した後に行ける「ゲートラウンジ」。

ここのラウンジにはネットコーナーがあります。


利用案内が日本語でも書かれています。


パソコンが複数台あるのでちょっとした調べ物にとても便利です。もちろん無料。


ソファでくつろぎたい方でも大丈夫。


各ソファの後方にコンセントとLANが付いています。座りながらノートパソコンやスマホなどを充電できます。


Wi-Fiも充実していて「Airport Free WiFi」を選んで(iPhoneを使用)




松山空港の画面が出たら、ログインすればOK!






ネット繋がりました!


それではお次は「羽田空港」。
パソコンをしたい方は有料です。10分100円とネットカフェより割高。


でもちゃんとWi-Fiがあるのでご安心。


机に座って資料などを作成したい方は税関を越えて「ゲートラウンジ」まで来ればできます。
電源があるのでノートパソコンを持っている方は椅子に座って作業できますね。




簡単ですが2つの空港のネット環境を比べてみました。やはり台灣の方がWi-Fi環境は充実しています。パソコンもスマホも無い方でもネットできるのが嬉しいですね。
東京ー台北は人気路線です。利用される方の参考になれば幸いです。

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ