夏の花が楽しめる登山ルート「竹坑登山道」

台中ローカルスポット

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夏の花が楽しめる登山ルート「竹坑登山道」僕は季節の変わり目が大好きです。それはたぶん僕が4月に生まれた事と関係しているかもしれません。
春という季節は寒い冬から開放され、夏に向けて少しずつ温度が上がり始める季節。桜の開花に合わせるように学校や社会も新しく動き出す季節。そんな季節の移り変わりを楽しめるのも日本の特徴だと思うのです。

しかし僕が生活をしているここ「台湾」ではあまり季節を感じることはありません。それは1年を通じて暑い時期がとても長いからです。簡単に言うと1年の殆どをTシャツ1枚で過ごせるということです。もちろん冬もありますが、台中では10度以下になることはほとんどありませんし、息が白くなることもありません。

そんな台中でも「山」に行くと状況は変わります。台湾は一つの島がそのまま山になっているような地形なので、身近にたくさんの山があります。真夏でも山に登ると多くの自然と共に平地では感じられない、気候や季節の変化を感じる事ができます。だから僕は台湾の「山」が好きなんです。

今回は家から車で10分くらいの所にあるローカルな登山道を紹介したいと思います。
龍井から大肚方面に向かい、高速道路の高架下に登山道の入り口があります。
路上に大きい看板が見えたら、路地に入ります。

登山道は竹坑から南寮まで続いています。地図で確認できます。


高架下の橋を渡り山道へと続きます。


道幅が広いので登りやすい。それにしても暑い!


道端に咲く花達が山登りをいっそう楽しくしてくれる。






結構傾斜があるのでゆっくり登る。


普段見かけない草花が見れる。それも山登りの醍醐味の一つ。




マウンテンバイクでも登れるようになっている。


花の色彩が鮮やかなこと。






メインルートをただひたすら登っていく。


ここに咲いている花は一体何種類あるんだろう。数えきれない。




中腹に休憩できる場所がある。


結構登ってきたなあ。


歩道と一般道が合流。


山の下に別ルートの歩道があるのが見える。


トンボが僕を取り巻くように飛んでいた。秋だなあ。


歩道が終わり、民家エリアに入った。大きな樹の下でおじさん達が仲良くおしゃべりしている。


登山道出口に着いた。




大きな池で休憩。いい汗かいたなあ。


GPSを見ると距離が2.43km、登り245m。比較的登り易いルート。


スタート地点に戻ると高架下で地元の方が演奏していた。


台湾の人は皆暑い中あまり動かない。日陰でゆっくり過ごしながら日が暮れるのを待っているのだ。
これが南国の昼間の過ごし方だ。

今回真夏の昼過ぎに登ったので、日差しが強くてクラクラしそうになった。
真夏の運動時には必ず水を持って、いつでも水分補給できるようにしておいた方が良い。
夕方からは涼しくなるところがあるので、着替えがあると風邪を引かなくて良いと思う。
山では一足早く秋の気配を感じることができる。適度な運動にもなるのでぜひご家族で出かけてみては如何かだろうか。




台中龍井竹坑南寮登山步道
台灣台中市龍井區中沙路南寮巷

台灣台中市龍井區中沙路南寮巷

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ