留学先で外国語をうまく勉強するには

台中生活情報

1

留学先で外国語をうまく勉強するには僕は普段運動する時は近所の大学のグランドまで行ってランニングをしています。(台湾の大学は一般人に開放しています)
この間夜10時頃大学のグランドで走っていたら、グランドの片隅で10人くらいの日本人の学生が集まって話をしていました。
彼らは皆日本人で楽しくおしゃべりをしながらダンスの練習をしていました。この大学には日本人学生が結構いるみたいで校内を歩いているとよく日本語を耳にします。
いつも日本人同士で一緒にいるのを見かける。6年前僕が東海大学で勉強してた時も皆そうだった。
それを見ていて「もったいない」なと思ってしまいました。せっかく台湾に来て留学しているのに現地の学生とではなく日本人同士で仲良くしているのは非常にもったいない。

おせっかいなのは重々承知なのですが、自分の経験も合わせて留学に来られている学生の方にして欲しいことを幾つか挙げてみました。
※以下に書いてあることは台湾で勉強されている方に合わせた内容です。他の国で勉強されている方でも有効だと思います。ご参考にどうぞ。




日本人と群れない。
せっかく海外に留学に来たのに日本人と常にいるのはもったいない。
初めての海外生活で多少心細いのは分かります。同じ国から来た仲間と一緒に過ごすのも悪くはないでしょう。
しかしせっかく日本から飛び出して海外留学を始めたのに母国語を使うのはもったいない。
交換留学生は時間に制限があります。半年または1年後に日本に帰る学生が多数だと思います。
このご時世なかなか留学に行けたものではありません。費用を出してくれた両親の為に一日一日しっかり語学を勉強してはどうでしょうか。
語学は一日一日の積み重ねです。一種の習慣です。まずは自分が語学に集中できる環境を作ることから始めてはいかかでしょう。
日本人とではなく現地の学生とのコミュニケーションを増やしていきましょう。



言語交換をしよう
海外に来た当初はすんなり現地に馴染めるわけはなく、現地の友達もいないことでしょう。
でも学校内には無数の人脈があります。あなたにまたはあなたの言語に興味を持っている方が絶対いるはずです。
日本語を勉強している学生を探して毎日言語交換をしてみましょう。

言語交換のメリットは

  • 費用がかからない
  • その日の授業で理解できなかった所をすぐ聞ける
  • 相手が日本語を勉強している為、語学や日本に対しての理解がある(語学に対して理解がない方と話すと意外と疲れます)
  • 母国語を教えることで語学に対して色々な角度で見ることができる
 

毎日できれば理想ですが、相手の都合もあるので週に2~3回ほどできればいいのではないでしょうか。



LINEを使おう

台湾ではLINEが流行ってます。現在1000万人以上の台湾人がLINEを利用していると報道していました。台湾の総人口が2300万人なのですごい比率だと思います。
台湾の若い人のスマホ所有率がかなり高いので、言語交換相手や親しくしている友人、ちょっとした知り合いに電話したりチャットして自分の語学力を鍛えることが出来ます。一番のオススメはPCを使ってLINEで台湾の友人に電話をして、分からない言葉は台湾の友達にチャットで書いてもらえば理解しやすいと思います。それでもわかなければ友達が残したコメントを後で辞書で調べてみましょう。


学生以外の友人をつくる
学生同士の会話でも語学スキルを上げることができますが、社会人の知り合いをつくって会話をするのも大切だと思います。
社会人は皆各業界で働いている方なので、会話に専門的な言葉が入りますし、成熟した話題で話すことができます。
現地で社会人レベルの人脈を作っておけば卒業して就職する時に海外での就職も視野に入れることができます。
もちろんビジネスでも通用するくらいの言語レベルが必要になります。


もしできれば・・・

現地の新聞に挑戦しよう
現地の新聞を読むことをおすすめします。中国語は話し言葉と書き言葉では表現が違います。新聞を読むことで表現力UPできますし、現在現地で何が起きているかが分かり話のタネにもなるからです。

日本のドラマを見る
台湾のケーブルテレビ(第四台)はどの番組も中国語字幕がついていますので、日本語を聞きながら中国語字幕を読んで勉強できます。DVDも売ってますので自分のペースに合わせて見ることもできます。


以上、僕が留学されている方にオススメしたい勉強法です。ご縁があって海外に来られたと思います。
ぜひご自分のスキルとして外国語を勉強してマスターして頂きたいと思ってます。

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ