旧正月の締めくくり!台中市ランタンフェスティバル

台中ローカルスポット

2014燈會10

旧正月の締めくくり!台中市ランタンフェスティバル台中市では毎年「文心森林公園」でランタンフェスティバルが行われます。
ランタンは「花燈」とも呼ばれ、夜になると各花燈から灯りがともされ、この季節独特の雰囲気を醸し出します。

公園の入口には今年の干支である馬の花燈がありました。

現在台中市内では「BRT=バス高速輸送システム」というものを作っているのでそれをアピールするための花燈なのでしょう。ようするに交通が不便な台中市内の利便性を高めるために高速バスを作っているのです。おかげで台中はいつも酷い渋滞が発生するようになりました。


中華チックな花燈。


公園内の通りもきれいなイルミネーションが。


園内には結構ビミョーな馬の花燈がありました。


公園中央になにやら巨大な馬の花燈が。






この日は園内で花燈のおもちゃを売っている人をたくさん見かけました。やはり台灣人は稼ぎ時をよく理解している。


公園の奥にある芝生に巨大花燈を発見。




公園の脇にある路でもテントを張ってこうやって花燈を飾っていました。


これらはどうやら一般の方達が作った花燈らしい。みなこうして旧正月を楽しんでいるのだ。


台中市は今回かなり商売に走っていました。去年はなかった遊園地コーナーが出現。


昔デパートの屋上でよく見かけたドーム型トランポリン。子供1人150元。


水上ボート。子供1人100元。


その他こんなものもあった。


さらに屋台コーナーも今年は拡大されていました。






これじゃ夜市と変わらないよね。

台灣の伝統的な行事である元宵節。今年も見事な花燈が多く見れて楽しかったですが、かなり「商業的」になってしまった感も否めない。花燈を見に来る人が楽しめるのが一番ですが、1年に一度の行事、もう少し雰囲気を大切にしてほしいと思いました。このままじゃ普通の夜市と変わらなくなってしまうんじゃないかな・・・。


文心森林公園
台灣台中市南屯區大墩七街351號

“台灣台中市南屯區大墩七街351號

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ