旧正月のフィナーレ、元宵節ランタンフェスティバル、台中2015

台中ローカルスポット

2015烏日燈會0

旧正月のフィナーレ、元宵節ランタンフェスティバル、台中2015みなさんこんにちは。
食べ物って大事ですよね。特に毎日食べているものは特に。我が家では最近質の良い卵を購入しています。

ここは市場の卵屋さん。

店内には卵が各種あります。


我が家で購入しているのは一台斤(600g)85元の「土雞卵」。オレンジ色の「有機卵」は55元/台斤。普通の白い卵は37元/台斤。「土雞卵」は普通の卵の倍以上の値段ですが、家族の健康のため仕方がありません。台湾にある食べ物は結構危ないもの(この間廃油を食用油にした業者が捕まりました)が多いだけに気をつけたいですね。






台湾の新年が開けて2週間が経ちました。旧正月から15日目が「元宵節」と言われ、各家庭では「湯圓」と呼ばれるだんご汁を食べる習慣があります。またランタン(中国提灯)を作って飾る習慣もあるため、毎年この時期は広場や公園などに色鮮やかなランタンが飾られ多くの人が「元宵節」を楽しみます。

台中では毎年「ランタンフェスティバル」が開催される場所が変わります。今年は新幹線台中駅の近くで行われています。


駅からランタンが飾られている会場を見下ろすことができます。




会場に入るとネオンの数がすごくて独特の雰囲気を味わえる。


今年の会場はとても広いのでかなりの数のランタンがありました。


台湾らしいランタン。媽祖のランタン。


その他中国系ランタンもありました。






え!このキャラもランタンに・・・。


なんか何でもありですよね。


広場中央にある今年の干支である「羊」のランタン。でも灯りがなくとても寂しい。


いきなり大音声が響いて「羊」が輝き始めました。
5分くらいかけて「羊」が一周します。






写真からだとわかりませんが「羊」の中央に「中華電信(日本でいうDocomo)」のロゴがありました。さすがスポンサーがついていると豪華なランタンになりますね。

こちらも企業ランタン。


台中では他に数箇所ランタンが飾られていますが、規模的にここが一番大きくて見応えがあると思います。
写真では分かりにくいですがどれも大きくて迫力あります。




それでも一番目立っていたのは光る玩具を売っていた屋台だと思う。目立ってこそ商売!


ちゃんと屋台エリアもあって食事もできます。


以上台中駅(新幹線)で行われたランタンフェスティバルの紹介でした。
僕は3月2日に行ったのですが、まだすべてのランタンが出来上がってはいませんでした。たぶん3月5日の「元宵節」に全てのランタンが見れると思います。また「元宵節」当日はイベントも行われるということなので興味がある方はぜひ行ってみてください。
今日からまた気温が低くなってきました。行かれる方はぜひ防寒の準備をしてからお出かけください。

台中ランタンフェスティバル(台中燈會)
期間:2015年3月15日まで
WEB:http://2015taiwanlantern.net/

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ