連合国で旧正月

人とのつながり 台中生活

連合国で旧正月先週土曜日は台湾でいう大晦日でした。
各国の友達が集まって賑やかな年明けになりました。

今回は9カ国の人間が肩寄せあって楽しい時間を過ごしました。
日本
台湾
セネガル
タンザニア
ネパール
カメルーン
ガーナ
セントルシア(カリブ海)
フィリピン

せっかく皆遠い国から台湾に来ているので、今回各自母国の料理を一品作って皆で食べようということにしました。


キッチンでは皆得意の料理を披露していました。


セントルシア人の”Apral”(女性)とフィリピン人の”Kristine”(女性)はとても仲が良く、はしゃぎながら作ってました。


狭いキッチンを順番で使うために、皆の料理が出揃うまで4時間くらいかかりました。

お腹が減った男性陣は待ちきれないので、手巻き寿司を作り始めていました。


ネパール人の”Nabin”(中央)はお酒が大好き。清酒とウイスキーを一人で飲み干していました。


手巻き寿司の他にポテトサラダも作りました。


”Kristine”が作ったフィリピン料理はじゃがいもとレバーの炒めもの
”Apral”はナンみたいな生地を一枚一枚こねて作っていました。

セントルシア料理は初めてでしたがとても美味しい。
上のスープはご飯にかけて食べます。ご飯との相性抜群です。



これは”Oswnld”が作ったカメルーン料理。ポテトのスープです。

これは誰の料理かな?

彼女と天使(彼女の娘)は台湾代表です。

みんなで楽しく食事をした後はパソコンで好きな音楽を流して聞いていました。

天使も賑やかな雰囲気が楽しいのでしょう、笑っています。

ひょうきん者の”Daniel”(タンザニア)と”Thomas”(ガーナ)は曲に合わせて踊り出しました。

いつの間にか、みんなも立ち上がって踊り出しました。


天使もみんなと一緒に踊ってます。

美味しい料理を食べて、お酒を飲んで、ボブ・マーリーを聞きながら踊りました。

みんなのお陰で忘れられない夜になりました。
台湾の正月だけど全然台湾風じゃない正月でした。

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ