台湾で車にはねられて救急車に乗った話

台中生活情報

自転車事故2

台湾で車にはねられて救急車に乗った話先日10月10日は台湾の国慶節で休日でした。朝から自転車に乗って東勢という所まで行って、そこから家に帰る途中で車にひかれました。
場所は大雅という場所。赤信号で待っていたところに右から出てきた車が左折(台湾は右側通行)した際に巻き込まれてしまいました。

ひかれて地面に倒れた時には体が動かせなくて、現場にいた地元の方に救急車を呼んでもらって搬送されました。搬送先は大雅の「清泉醫院」。

怪我の内容は左手の中指が出血、右肘の打ち身、一番痛かったのは尻から落ちたので、尾てい骨の打ち身です。レントゲンでは異常はなかったのですが、ものすごい痛みがあったのでベットでずっと横たわっていました。


ベットで1時間くらい横たわっていると警察官と車を運転していた方が現れて、調書を取り始めました。
台湾の警察はとても事務的です。お互いに酒気があるか、道路交通法上に違反がないかなどを調べます。事故現場の簡単な図を書いてお互いに認めた後すぐにサインを要求してくるのでサインしたら終了。


台湾の警察ではこのような事故は日常茶飯事なのでできるだけ「あっさり」と終わらせたいのです。「君たちと同時刻にあと2件事故が起きたのでそちらにもいかなければならない」と言い残して去ってしまいました。

警察は法律上「停止線を超えて停止していた」君(僕)が悪い。車を運転していたほうも「曲がるのが早すぎ」だと言うだけ。あとはお互いで示談をしてくれ、と言うだけです。

病院で車に乗っていた方と連絡先を交換して、大雅の警察署にある僕の自転車を引き取って帰宅しました。

なぜ事故が起きたのか?


写真は事故現場の交差点です。
僕は赤信号で止まっていましたが、停止線も横断歩道をちょっと超えたところにいました。写真の赤いマルの位置。
(もちろん違反です。)(台湾は右側通行)

車を運転していた方の視線で見てみましょう。


僕が赤いマルの所で待っていて、ひかれたのでかなり急な角度で左折したのがわかります。(台湾は右側通行)
忘れられないのが相手の方が言った最初の一言「あなたのことが全然見えなかった」と。

ここで相手の運転がどうこう言ってもどうしようもないので、結論を言うと「安全な場所に停車していない」自分が悪かった、ということです。海外で生活するなかでやはり自分の身を守るために最低限のことを僕はしていなかったのです。だから車にひかれたのです。ここが台湾だろうが、田舎だろうが関係なく。

台湾で事故を起こした時の対処法
●まず車にはねられて救急車に乗った時に身分証番号(外人なら居留証)を聞かれました。そして病院に着いたらすぐに健康保険証の提示を言われます。僕は両方共持っていませんでしたが、iPhoneの中のEvernoteにスキャンしたデータ(身分証明書・健康保険証)を入れておいたので大丈夫でした。

●警察による調書作製時にも身分証の提示を言われます。

●示談の時や会社で加入している保険の申請時に必要な病院の領収書。


●診断書も病院に発行してもらったほうが良いと思います。


事故当日は休日だったので「救急診療」で治療を受けました。費用は全部で650元。救急車の費用は取られませんでした。幸いひどい怪我ではなかったのですが、体のあちこちがまだ痛いです。
まだ相手の方とは示談が済んでいませんが、うまく話しがまとまれば良いなと思います。
海外に住んでいるといつトラブルが起きるかわかりませんし、その処理も日本以上にやっかいなケースが多いと思います。みなさんも交通事故には気をつけてください。

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ