台湾の紅茶を楽しめる紅茶博物館「廖鄉長紅茶故事館」:南投縣魚池

台湾中部のローカルスポット

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

台湾の紅茶を楽しめる紅茶博物館「廖鄉長紅茶故事館」:南投縣魚池台湾ではよくお茶が飲まれています。家で友達とおしゃべりしながら台湾のお茶を楽しんだり、お店で作りたてのお茶を買ったり、コンビニでも多くの種類が販売されています。まさしくお茶大国台湾なのです。

台湾中部ではお茶が栽培されることから、高山茶、烏龍茶、紅茶などの専門店が多いです。今回は台湾茶の名産地の一つ、南投県魚池にある「廖鄉長紅茶故事館」に行って来ました。

埔里市内や日月潭から近いところにあります。

西洋建築をテーマに建てられている。


レトロで味がある車が展示されています。プレートには「BLACK TEA」の文字。



それでは入ってみましょう。


ここでは紅茶を製造する過程を見ることができます。


紅茶を製造する機械が並ぶ。




茶葉を揉んでいる。お姉さんが手際よく作業しています。




ここでは紅玉紅茶=18番をお勧めしていました。試飲もできます。




これはアッサム紅茶です。




ここでは紅茶を作る過程を写真と文章で説明しています。
まずは「茶葉摘み」。


「茶葉を寝かせる」


機械を使って茶葉を「揉む」。先ほどお姉さんがしていた作業ですね。


固まった茶葉を「揉んでくずす」。


茶葉を「発酵」させます。


機械を使って「乾燥」させます。


農家の方の表情が良いですね。




カウンターでは各種紅茶を試飲できるんですね。


こちらのコーナーでは茶葉各種の「匂い」を嗅ぐことができます。




別館では喫茶コーナーになっていて、美味しい紅茶を楽しむことができます。お姉さん達の制服が可愛いです。


この建物がかなり格調高めの造りになっていて、セレブを体感できるようになっているようだ。




台湾茶の専門店には入ったことがありましたが、紅茶の専門店は初めてでした。埔里や日月潭は紅茶の名産地なので、町中には「紅茶」の看板が無数にあります。紅茶を購入する前に紅茶ができる過程を知り、そのウンチクを友達に教えながら紅茶を楽しむなんてのも良いかもしれないですね。日月潭に観光に行かれる方はついでに寄ってみては如何かでしょうか。


廖鄉長紅茶故事館
南投縣魚池鄉新城村通文巷6-31號
049-2896217
營業時間:9:00-18:00

南投縣魚池鄉新城村通文巷6-31號

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ