台湾から国際郵便で日本に届ける方法

台中生活情報

日本へ発送3

台湾から国際郵便で日本に届ける方法先月我が家の洗濯機が壊れてしまったので新しく購入しました。我が家のお隣さんは家電屋さんなのでお隣で購入。近所付き合いでたまには売上に貢献しないといけませんからね。新しい洗濯機で彼女も洗濯がしやすくなったと言っています。台湾メーカー製ですがよく出来ています。もし故障してもお隣さんに言えばすぐに直してくれるのも便利ですね。こうして台湾の社会は成り立っているのだとつくづく感じました。




今回日本に住む友人宛に漢方薬を送りました。初めての経験だったのでここにまとめてみなさんにシェアしたいと思います。
送る漢方は粉末の漢方薬約280g。




本来1kgくらい量があったのですが、「薬事法」で一ヶ月分(個人輸入)までという決まりがあるので今回の量にしました。(錠剤などは2ヶ月分可能)

詳しくはコチラ(医薬品等の個人輸入について:厚生労働省)

今回一ヶ月分の薬(漢方)を送る際に下記の記載をしました。
1.成分
2.1ヶ月分の総グラム数(一日分x30日)
3・一日分(3回)のグラム数(1回3gならば一日=9g)


台湾の郵便局でEMSを利用して発送しました。
重量672gで輸送費は306元でした。
中華郵政のサイトで輸送費を調べると500g-1kgは480元と書いてありますが実際は306元でした。


郵便局でもらったレシート上部にある13桁の番号を控えておいてください。
この番号をiPOST(網路郵局)というサイトで送った荷物の追跡をすることができます。




iPOST(網路郵局):國際掛號郵件查詢

今回は1月7日に発送して13日に到着しました。
11日(5日目)に関税を通過したところで「投遞不成功=発送失敗」の表示が続いたので心配していたのですが、最後13日(7日目)に無事「投遞成功=発送成功」の表示が出て、送り先の友人から無事届いたという知らせを受けてほっとしました。
友人によると中は開けられた形跡はなく関税もかからなかったそうです。


今回僕が住む街(沙鹿)から東京まで航空便で7日間かかりました。台湾の郵便局で一週間ほどかかると言われていたので予想通りでした。漢方など薬は送って無事に届くのか心配でしたが、こうして一ヶ月分にして送れば何も問題なく送れることがわかりました。これから購入したいという方の参考になれば幸いです。

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ