これだけ知っておけば台湾で入院しても大丈夫「入院手続きまとめ」

台中生活情報

救急診療3

これだけ知っておけば台湾で入院しても大丈夫「入院手続きまとめ」みなさんこんにちは。
台湾は梅雨に入り毎日ジメジメした日が続いています。そんな中、市場に行ったら夏の果物「ライチ」や「マンゴー」が屋台で売られていました。
まだ旬の時期ではないのでかなり高値ですが、これから旬に近づくにつれ値段も下がり梅雨が開けた頃には甘くてジューシーな果物が楽しめそうです。
今の旬な果物は「桃」と「スモモ」です。台湾では「桃」と「スモモ」を甘酸っぱく漬けて食べる習慣があります。僕は漬けたスモモに生姜を入れて食べるのが好きです。今の時期どこの市場でよく見かけるので、もし見かけた方はトライしてみてください。

台湾の病院に入院

今月、彼女が「子宮ポリープ」で入院をしました。我が家にとっては初めての入院だったので色々と不慣れな所がありましたが、友達の助けでなんとか退院でき、今では保母の仕事ができるようになるまで回復しました。

僕にとっては初めての経験だったので、ここでまとめたいと思います。好きで入院をする人はいませんが、いざ身内や自分自身が入院する時に多少知識があるとないとでは雲泥の差があると思います。ここでは簡単に手続きの流れと費用などをまとめてみたいと思います。

台湾の病院へ移動

今回は近くの総合病院の救急医療を受けました。彼女はなんとか自分で動けましたが、子宮部分にかなりの痛みがあったので支えながら車に載せて病院に行きました。もし高齢の方や1人で生活している方で動けないくらい痛みがあるなら救急車を呼んだ方が良いと思います。
台湾の救急車は「119」ダイヤルで呼べます。




◯受付手続き
受付で軽く検査(血圧や問診)をして、簡易ベットで横になりながらお医者さんに呼ばれるのを待ちます。




◯診断
今回は子宮部分の激しい痛みで超音波では原因が判断できなかったので、続けて血液検査、尿検査、レントゲン、MRI検査を受けました。
検査の結果で「子宮ポリープ」があることが判り、入院が必要と言われました。

台湾の病院の入院手続き

救急医療専用のカウンターでまずは救急医療費として「700元」を支払いました。この額は台湾の健康保険を持っている人の費用です。


そして入院するために「どの部屋」にするのかを聞かれます。選択は下記の4種類
特別個室
普通の個室
二人部屋
四人部屋

今回は「四人部屋」を選択しました。正確な病状がまだ出ていなかったので「食事」は無しにしてもらいました。

◯四人部屋はこんな感じ
各病院で設備や内容は変わりますがだいたいこんな感じだと思います。


付き添い用で長椅子があります。これは伸縮可能でこの上で横になって寝ることもできます。

台湾の病院の治療法

お医者さんから「子宮ポリープ」という診断が出て手術を勧められました。しかし我が家では「漢方治療」をメインに考えているので、とりあえず痛みが引くまでは「点滴」だけをしてもらいました。台湾の病院はかなりの確率で「手術」を勧めてきます。それは解決までの時間が短く、入院を控えている患者さんの数も多いことから手術を選択してもらう形に持っていっているような雰囲気を感じました。

入院して3日目には患部の痛みも大分おさまり、かなり動けるようになりました。入院して3日間ずっと手術を拒否してきたので、お医者さんも呆れたのか退院の許可を出してくれました。

入院費用

費用は1日目に発生した「救急医療費」が700元。
2日間の入院費が384元でした。最初明細を受け取った時に「え?」って驚いてしまいました。まさか「救急医療費」よりも安いとは・・・


病院にある入院費用表を見てみると下記のようになっています。
特別個室=3800~4500元/1日
普通の個室=2600~3500元/1日
二人部屋=1600~2100元/1日
4人部屋=無料(健康保険加入なら)




なので今回発生した「384元」は点滴代と治療費のようです。もちろん薬も出ましたので薬代も入ってこの額です。台湾の健康保険は最強ですね。

今回の入院でわかったこと

◯台湾の健康保険に加入されている方(外国籍なら居留証が必須)
台湾の健康保険をお持ちなら、具合が悪くなったら迷わず病院に行って診てもらうことお勧めします。しかし台湾の医療技術はそこそこのレベルを持っていると思いますが、日本の技術とはまだ差があります。病院によって設備やお医者さんの技術にも差があり、診断内容も変わってきますので、できれば「セカンド・オピニオン」をお勧めします。僕のように現地の収入を得ていて、とてもじゃないけど日本の治療を受ける事ができない人で手術が必要なら、何件も病院を周って診てもらうことを強く勧めます。その中から自分に合った治療をしてくれる病院でお世話になったほうがリスクが低いと思います。

◯台湾の健康保険に加入されていない方
もし台湾旅行中または出張中などで病気や怪我で病院に行くことになった場合(台湾の健康保険未加入者)は、取り敢えず台湾の病院で救急手当をして体調がある程度回復した状態で、帰国してかかりつけの病院で治療を受けたほうが良いと思います。

若い方なら上記のような病院に行くケースは少ないと思いますが、万が一台湾の病院に行く必要がある方は少しでも知識があると後々便利です。
僕のような40代以上の方ならば知っておいて損はないと思います。もちろん日々健康でいられるのならばそれに越したことはないと思いますが。
改めて健康の大事さを痛感しました。みなさんも健康には気をつけてくださいね。

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ