洗練された日本の生活よりも不便な台湾生活を選んだ理由

帰国日記

なぜ台湾で暮らしてるの1

洗練された日本の生活よりも不便な台湾生活を選んだ理由みなさんこんにちは。
現在台中港近くにある「童綜合病院」でこの文章を書いています。それは彼女が子宮ポリープで入院をしたからです。幸い手術は成功で術後も問題がないようです。

今回の入院は我々にとって初めての経験で色々勉強できました。また改めて記事にしたいと思っています。


日本の生活は洗練されていて便利

今月初めに出張で帰国したのですが、毎回、帰国して思うのですが、日本の生活環境は洗練されていて便利だなあと思うことです。

都内にいればどこでもツタヤがあって夜遅くまで本やCDが購入または借りることができるし、スーパーも遅くまで営業している。

運動がしたければジム(近所にたくさんできてた)で手軽に運動できます。ゴルフ(スクールや打ちっぱなし)やテニスやフットサルもお手軽になりました。お金がなければ整備された公園(台湾よりもきれい)でジョギングもできます。

都内だと買物もとても便利ですね。駅ビルも夜9時までやっているので遅い時間でも服やメガネが買えました。

ネットスーパーも多く、生鮮食品や日用品もネットでいつでも注文できてすぐに配達してくれます。お年寄りだけの家庭では重たい物を配達してくれるのでとても便利ですよね。

娯楽も豊富です。ギャンブルも多彩で実家の父は暇があれば1円パチンコ(従来の四分の一の費用で安く遊べる)で暇をつぶしています。

特に便利に感じたのは近所の郵便局が24時間受け付けしていて夜遅くでも荷物が送れたのは助かりました。

これだけグダグダ書いて何を言いたいのかというと、これだけ便利な生活環境だと便利すぎて、逆に「考える」ことが少なくなってしまうなあと思ったのです。

環境が便利過ぎてそれを普通に享受していると、その有り難みが分からなくなってしまう。特にネット社会を普通に受け入れている世代だとなおさらだと思うのです。

海外生活とは不便さを攻略することだ

僕は台湾の台中という地方都市に住んでいて、さらに海側の田舎に住んでいるので、東京に比べて不便です。当たり前ですよね。

それでもそんな田舎暮らしを10年していても飽きないのは「不便」だからなんですよね。
僕の家は日本語が通用しないので、中国語が共通語。台湾語(閩南語)で話されたらすぐに理解できなくなってしまう環境です。僕の一番の理解者である彼女(台湾人)もすぐに意思疎通が滞るので、コミュニケーションが必須です(筆談や身振り手振りのコミュニケーション)。

役所の手続きや病院の診療もまずは自分が日本人であることを説明してから始めることにしています。そうすると相手に「コイツの中国語は聞き取りづらいなあ、でも日本人なら仕方ないかあ」と思ってもらえるのできちんと対応してもらえる確率がアップします。(外人と話したことがない人には嫌がれることもたまにあり)

これがきちんと相手に自分を理解してもらえないと、僕の外見は彼ら(台湾人)と同じなのに言葉が変なのでそこで会話が滞ってしまうのです。こういうやりとりを続けているとストレスが溜まってしまいます。

海外生活の成功のコツはストレスを溜め込まないことです。言葉が通じないからといって殻に閉じこもらず、自分を表現する力を身に付ければ良いのです。この力を身につけるのには大分時間がかかりましたが、一度身に付ければ自分を有利にする武器にもなるのです。

こういう不便さが海外の醍醐味でもあるのです。不便なところを自分なりに試行錯誤して攻略していく楽しさが海外にはたくさんあるのです。現地の人にしてみれば簡単にできることが、僕にとっては結構難しくハードルの高さを感じることが多々あります。そんな身近な問題を一つ一つ解決していくと「海外適応レベル」が上昇していくのを体感できます。

そういう生活スタイルが確立できたからこそ、海外で10年間生活出来たのではないかと思います。
身近に問題がたくさんあるので、その答えを探すために考え実行する。
10年経った今でもずっと考え続けています。

久しぶりの帰国で日本の洗練された生活に触れた時のあまりの快適さにちょっと違和感を覚えた自分は、本当に海外居住が合っているのだと感じました。こんな僕を10年間受け入れてくれた台湾に感謝をしたいと思います。

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ