残念なテーマパーク「紙箱王」

台中生活情報

残念なテーマパーク「紙箱王」この間大坑にドライブに行った時に近くに紙で出来たテーマパークがあると言うので行って来ました。

このテーマパークの名前は「紙箱王」。紙箱=ダンボールという意味なので、日本語に訳すと「ダンボールキング」といったところでしょうか。正式名は「Carton King」だそうです。
この「紙箱王」はペーパークラフト製品を販売する会社で、台湾全国に展開しています。

今回行った大坑店は入場料は1人200元。チケット1枚で100元分の買い物ができるというもの。台湾のテーマパークではおなじみのシステム。


早速入ってみましょう。


ゲートの上には紙のオブジェが吊るされています。


草の上には「紙ウサギ」。ちょっと汚れている。


ここは「紙さる」達です。


紙でできた木の上に「紙インコ」


店内に入りました。ここでは建物のペーパークラフトが展示されています。
「東京タワー」


東京タワーより高い「スカイツリー」


建物オブジェにランプを付けるとインテリアになるそうです。


他にも部屋に飾れるペーパークラフトインテリア。


ペーパークラフトでできた動物達。


この様に各種パッケージされて販売しています。


ここは紙製の「かばん」。各種取り揃ってます。


ちょっとモデルさんに「紙の帽子」をかぶってもらいました。


紙ならではの味があります。でも雨に振られたらどうなんだろう。


庭に出てみました。紙でできた「凱旋門」


ちょっと喫茶コーナーで休憩。
テーブルやソファーも紙製です。


お通しの水が出て来ました。これも紙製。


店内にある各エリアにスタンプがあって全部揃えると景品がもらえます。
チケットにスタンプ(6種類)を押すと景品(右側)がもらえる。


景品は自分で組立て作った紙製の飾り物。


僕は以前別の「紙箱王」に行ったことがあります。なので今回行ったテーマパークを見ても何も真新しいモノが無く、正直面白くなかったです。逆に残念だったところが満載。

残念な所

• 園内の内容がテーマパークでは無く”お店”。見て楽しむモノではなく買ってもらう事だけを焦点に置いたレイアウト。
• 園内にある紙製のオブジェクトの老朽化が激しい。多分オープンして何年も手入れしていないから汚れていて見栄えが悪い。
• 園内のスタッフがテーマパークのスタッフでは無く、店員さんなので常に売り込んでばかり。
• 園内の値段も割高。チケット一枚で100元分使えるので、その分値を上げている。(コーヒー1杯120元)

最後は愚痴ぽくなってしまいましたが、お金を払う側としては払った分の価値が無いと感じると残念に思います。台湾では結構色んなテーマパークがあって内容は玉石混淆です。
 
来園者が楽しく感じる様な場所を提供してもらうと、来園者は自然と次回も行きたくなりますし、人にも薦めたくなります。人の心理なんてそんなものです。東京ディズニーリゾートがこの不景気の中なぜずっと右肩上がりで成長しているのか?それは至ってシンプルで来園者に「夢の様な空間」を提供しているからです。「人に喜んでもらう」サービスを提供することに徹底しているからです。だから皆また行きたいと感じてリピーターになっていきます。

各テーマパークで事情もあるでしょうが、我々来園者も”時間とお金”を消費して来てます。ぜひ来園者をがっかりさせるようなサービスだけはしないで欲しいと思います。

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ