台湾海岸線鉄道の旅3(日南→新埔)

台湾鉄道の旅

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

台湾海岸線鉄道の旅3(日南→新埔)みなさんこんにちは。
台湾海岸線の旅3回目です。前回は日本統治時代に建てられた駅舎が今も残る「日南駅」まで紹介しました。

前回までのおさらいはコチラ。
台湾海岸線鉄道の旅1(彰化→沙鹿)
台湾海岸線鉄道の旅2(沙鹿→日南)

「日南駅」から7.7km北上すると「苑里駅=三等(駅のランク)」に着きます。
小さい街にある駅です。駅前に小さいロータリーがありました。出稼ぎに来たアジア系外国人の方達を見かけました。近くに工場地区でもあるのでしょうか。
一日の平均利用客は意外と多く約1400人。










「苑里駅」から6.1km離れたところに「通霄駅=三等」があります。この駅辺りから海沿いを走るようになります。駅の建物は「海」をイメージした造りになっています。
一日の平均利用客は約830人。






近くに海水浴場があったので行ってみたのですが、入場料が1人350元と高額だったので諦めて次の駅に。

「通霄駅」から5.8km進むと「新埔駅=甲簡(三等より下のランク)」に着きます。
日本統治時代に建てられた木造の駅舎です。駅ランクは「日南駅」と同じ甲簡です。
一日の平均利用客は約60人ととても少ないです。






近くに小さい漁港がありました。漁村に住む人達の貴重な交通機関になっているんですね。
とてものどかな雰囲気がある駅でした。






駅から海が見えます。ちょっと行ってみよう。


砂浜まで来ました。思ったより綺麗な海水です。




ワンちゃんが大喜び。海水に入って泳いでいます。




この「新埔駅」は西側にある台湾鉄道で海に一番近い駅です。この木造の駅は潮風に吹かれながらずっと地元の人達の交通の要になっていました。建てられてすでに90年以上の年月が流れていても、まだその役割を果たしているんですね。天晴です。

次回は無人駅である「龍港駅」とその近くにある絶景スポットを紹介します。
ローカル電車の旅はまだまだ続きます。

新埔車站

“新埔車站

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ