台湾海岸線鉄道の旅4(白沙屯→後龍)

台湾鉄道の旅

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

台湾海岸線鉄道の旅4(白沙屯→後龍)皆さんこんにちは。
最近台湾では廃油から食用油に加工して販売していた事件が起こり、日々報道されています。我々が日々食べているモノにそういう油が混入している可能性もあるわけで怖い事件ですね。食べ物には気をつけたいところです。できるだけ自然な食べ物(野菜・果物)を食べるようにしています。

廃油原料の食用油出回る 台湾で回収騒ぎ(朝日新聞)

今回は台湾海岸線の旅4回目を紹介したいと思います。
前回は海岸線(西部)で海に一番近く、日本統治時代に造られた木造駅舎である「新埔駅」を紹介しました。

前回までのおさらいはコチラ。
台湾海岸線鉄道の旅1(彰化→沙鹿)
台湾海岸線鉄道の旅2(沙鹿→日南)
台湾海岸線鉄道の旅3(日南→新埔)

「新埔駅」から北に3.1km進むと「白沙屯駅=三等(駅のランク)」に着きます。こじんまりとした田舎駅といったところ。一日の平均利用客は200人前後。












この駅からも海が見えます。空・海・緑の色合いが鮮やか。しばらくボーと風景を眺めていた。




潮風の影響からなのか階段の鉄の部分が錆びていて老朽化がひどい。


次の駅に向かう途中に「好望角」という標識をいくつか見かけたので行ってみました。
巨大風車がそびえる「好望角」という場所は絶景スポットでした。高台から見下ろす海はとても青い。










「白沙屯駅」から8.1km北上すると「龍港駅=招呼(駅のランク)」がありました。シャッターが閉まっています。どうやって中に入るんだろうか?




脇にある門の中に入ると・・・。駅がありました。




無人駅なので「線路を跨ぐな」の看板があります。


すごく寂れていて乗客は1人もいない。




近くに漁港があり、漁村に住む人のために造られた駅のようです。


そんな無人駅でも電車は停まります。ちなみに一日の利用客は25人程度。


「龍港駅」から3.6km離れた所に「後龍駅=三等」があります。ローカル線には珍しく2階建ての駅舎。
駅構内は冷房が効いていて、日中の暑さをしのぐために駅で過ごす人もいるくらい。
比較的大きい街にある駅なので利用客は多い。一日の利用客は約1300人。










割りと近代的な「後龍駅」ですが、昔はこんな駅舎でした。今はローカルな雰囲気が無くなってしまってちょっと残念。


以上台湾海岸線の旅4回目でした。次回は海岸線最終駅「竹南駅」まで紹介します。途中にある「大山駅」と「談文駅」は日本統治時代に造られた木造駅舎です。ローカル鉄道の旅はまだまだ続きます。

龍港車站

“龍港車站

« »

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ